恐竜類

アパトサウルス、旧名はブロントサウルスだった変名された有名恐竜

更新日:




アパトサウルス

アパトサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカにすんでいた体長20mを超える大型の植物食恐竜です。

アパトサウルスと聞いてもどんな恐竜がピンとこないかも知れませんが、
ブロントサウルス(雷竜:かみなりりゅう)という名前を聞くと、首と尾が長くて四足歩行でノシノシ歩く体の大きな恐竜をイメージできるのではないでしょうか。

アパトサウルスの旧名は、ブロントサウルスです。


アパトサウルス(頭骨)
学名:Apatosaurus sp.(アパトサウルスの一種)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 竜盤目 竜脚形亜目 竜脚下目 ディプロドクス科
時代:中生代 ジュラ紀後期
体長:26m
発掘地:アメリカ
学名の意味:迷わすトカゲ

変名で大騒ぎになった恐竜

アパトサウルスは、元々『ブロントサウルス』という名前の恐竜でした。

ブロントサウルスという名前は現在使われていません。

ブロントサウルスより先に見つかっていた竜脚類「アパトサウルス」と後で見つかった「ブロントサウルス」が同じ種類だとわかったので、後で見つかったブロントサウルスの学名が無効になったのです。

現在「竜脚類」と呼んでいる首と尾の長い四足歩行の大型恐竜を、当時は『雷竜(かみなりりゅう)』と呼んでいました。

雷竜という呼び名は、ブロントサウルス(雷のトカゲ)からきているほど恐竜の代表種だったのです。

アメリカなどでは変名取り消しの運動などもあったようですが、先に付けられていた学名が有効になるのは、学名を付ける際の国際的なルールなので、元の名前に戻されることはないでしょう。

アパトサウルスの頭骨

アパトサウルスの頭骨です。

エンピツくらいの太さの歯が杭みたいに並んでいます。

もぐもぐゴリゴリする奥歯は持っておらず、口の先にしか歯がありません。

スキマのある歯で葉っぱを漉き取って、ゴックン丸のみです。

他の竜脚類の胃の周辺からは胃石がみつかっているので、ときどき石を飲み込んで消化の助けにしていたのでしょう。

頭骨に肉付け。

ほっぺたは無かったようなので、口はもっと裂けていたかもしれません。

アパトサウルスの成長速度

アパトサウルスの幼体。体長2mほど。

成体は体長20mを超えるアパトサウルスでも、子どもはちっちゃいです。

福井県立恐竜博物館の資料によると、成長スピードは以下。

アパトサウルスの幼体は、生まれて5年くらい経つと一日に14キロずつ体重が増加し、15年程度で成長速度が遅くなったと考えられています。

卵から生まれてから5年間は、色々な捕食者に狙われやすいので身を隠しやすいようにゆっくり成長し、大型捕食者にとって手ごろでおいしそーな大きさの時期は急激に成長し、できるだけ短期間で切り抜けたのでしょう。

アパトサウルスは、他のディプロドクス類とは違い、群れではなく単独で暮らしていたようなのでこのような成長戦略をとって生存率を高めていたのかもしれません。







-恐竜類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.