単弓類とは

哺乳類の祖先グループ、単弓類とは

更新日:



哺乳類の祖先、単弓類

単弓類(たんきゅうるい)という動物は、両生類から進化した動物グループの一つで、厳密には哺乳類も単弓類に含まれます。

「単弓類」聞いたことないよ。教科書に載ってなかったよ。というのも無理はないです。

数年前まで、「単弓類」は「爬虫類」の中の1グループとして分類されていました。

「単弓類」は「哺乳類型爬虫類(ほにゅうるいがたはちゅうるい)」と呼ばれていたので、こっちの名前の方が知られているかもしれません。

たんきゅうるい?。

単弓類は、恐竜よりもひとつ古い時代、古生代ペルム紀~中生代三畳紀後期にかけて大繁栄した動物グループです。

トカゲのような小型種からサイくらいの大型種まで大きさもさまざまで、植物食から肉食まで、たくさんの種類の化石が見つかっています。

もっとも有名な単弓類、古生代ペルム紀のディメトロドン。恐竜じゃないよ。

単弓類は、全ての種類が陸生の4足歩行の動物で、水中や空に適応した種類はいませんでした。

中生代 三畳紀前期の単弓類、リストロサウルス。ちょっとぶさいく。

爬虫類に似た姿をしていますが、歯や骨に哺乳類オリジナルの特徴を持っているのが、単弓類です。

単弓類は、古生代に大繁栄し、古生代ペルム紀末の大量絶滅でほとんどが絶滅。

中生代三畳紀に再び繁栄し哺乳類が枝分かれしましたが、、 三畳紀末には哺乳類と祖先グループ(キノドン類)を残して衰退。

中生代白亜紀中ごろまでに、哺乳類以外の単弓類(キノドン類)はすべて絶滅しました。

現在、単弓類は生き残っていませんが、単弓類から枝分かれした新しいグループ哺乳類として繁栄しています。

単弓類の単とか弓の意味

初期の「単弓類」は、「爬虫類」にとても良く似ています。

顔が長かったり、肋骨がたくさんあったり、腹ばい姿勢だったり・・。

「単弓類」は、そもそも「爬虫類」の1グループとして分類されていました。

爬虫類の分類方法で、側頭窓の数が、無いもの(無弓類)、一つあるもの(単弓類)、二つあるもの(双弓類)というグループ分けの名残なのです。

「単弓類」という名前は、
眼窩(がんか:眼球が納まる穴)の後ろにある『側頭窓(そくとうそう)』という穴が一つしかないことから来ています。

側頭窓が分かりやすい「双弓類(そうきゅうるい)」から見て行きましょう。

恐竜、フクイサウルス。恐竜は「爬虫類」のうちの1グループ、「双弓類」に含まれます。

側頭窓は2つ。眼窩の後方と頭頂部にあります。

双弓類の”弓”とは、側頭窓と眼窩を隔てるほそい骨のことです。

側頭窓が2つあると、”弓”が2個できるので、双弓類。

現生の爬虫類(カメ、ワニ、トカゲ、ヘビなど)はすべて、双弓類です。
 
 
こちらは、古生代ペルム紀の原始的な爬虫類、パレイアサウルス。

原始的な爬虫類には側頭窓が無いのです。(両生類にも無いです)
 
 
「単弓類」のディメトロドン。側頭窓は一つです。

哺乳類の側頭窓はどこに?

哺乳類も厳密には「単弓類」の一種なので、側頭窓が一つあるはず。
 
ご自身の眼窩(がんか:目ん玉の穴)の周辺を触ってみてください。
 
穴、開いてましたか?。
 
 
開いてないですよね。開いていたら大騒動です。
 
 
現在の哺乳類は、眼窩と側頭窓が一体化してしまったり、くぼみだけが残っていたりして、側頭窓は痕跡だけになっているのです。

側頭窓の役割は、噛む力UPのための筋肉を通したり、重い頭骨を軽くすることです。

哺乳類は、効率よく噛むためにアゴや歯を進化させていますし、大きな脳を守るためにも、側頭窓は必要無くなったのでしょう。







-単弓類とは
-,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.