竜脚形類

パンファギア、雑食性だった最古の竜脚形類

更新日:



パンファギア

パンファギアは、中生代三畳紀後期のアルゼンチンにすんでいた竜脚形類です。

エオラプトルと同じ、恐竜が現れてまもない頃の初期の恐竜で、最古の竜脚形類のひとつです。


パンファギア
学名:Panphagia sp.(パンファギアの一種)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 竜盤目 竜脚形亜目 科未定
時代:中生代 三畳紀後期
体長:1.5m
発掘地:アルゼンチン サンワン州
学名の意味:すべてを食べる者

最古の竜脚形類の一つ

パンファギアは、中生代三畳紀後期の初め頃(カーニアン:約2億2870万年前~約2億1650万年前)のアルゼンチンにすんでいた原始的な竜脚形類です。

体長1.5m、推定体重不明。

竜脚形類は植物食ですが、最も原始的なパンファギアでは、歯に鋸歯(きょし:鋸のようなギザギザ)があるため、雑食性だったのではないか、とされています。

パンファギア、描いてみた

パンファギアを描いてみました。

化石の資料がないのでエオラプトルを参考にしましたが、頭骨はとてもよく似ているようです。

歯などは獣脚類に似た特徴を持っていますが、あまり鋭い感じには描かず、少し丸っこく、首と胴は心持ち長めに、竜脚形類寄りにしました。







-竜脚形類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.