恐竜類

プロサウロロフス、鼻の骨でできた低いトサカを持つハドロサウルス類

更新日:




プロサウロロフス

プロサウロロフスは、白亜紀後期のカナダやアメリカにすんでいたハドロサウルス類です。

目の上に、鼻の骨でできた低いトサカを持っているのが特徴です。


プロサウロロフス
学名:Prosaurolophus blackfeetensis(プロサウロロフス・ブラックフィテンシス)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 ハドロサウルス科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:7.6m
発掘地:アメリカ モンタナ州
学名の意味:より以前のサウロロフス(プロ=より以前の、サウロロフス)

トサカはどこだ?。

プロサウロロフスは、アメリカやカナダにすんでいた体長8mほどのハドロサウルス類です。

サウロロフスとは近縁ですが、見た目はあまり似ていません。

こちらはサウロロフス(アジア産)。

サウロロフスは後頭部にトサカがありますが、プロサウロロフスの後頭部にはトサカがありません。

こちらはプロサウロロフス。トサカは目の上にあります。

トサカというよりは骨の隆起なので、トサカは無いとされている図鑑もあったりします。

トサカは鼻の骨でできていて、鼻の穴とつながっています。
鼻の穴も大きいので、鳴き声を出すのに使われたのかもしれません。

どんな鳴き声だったのかな?。







-恐竜類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.