「 絶滅哺乳類 」 一覧

絶滅哺乳類

アデロバシレウス、ウンコ化石の中から見つかった最古の哺乳形類

2017/12/05    ,

アデロバシレウス アデロバシレウスは中生代 三畳紀後期の北アメリカにすんでいた哺乳形類です。 1.5cmほどの頭骨しか見つかっていませんが、現在見つかっている哺乳形類では最古の種類です。 アデロバシレ ...

絶滅哺乳類

フルイタフォッサー、アリ食専門だった?ジュラ紀の地面を掘っていた哺乳類

2017/12/03    ,

フルイタフォッサー フルイタフォッサーは中生代 ジュラ紀中期の北アメリカにすんでいた哺乳類です。 歯の形から、ジュラ紀の哺乳類でありながらすでにアリ食専門だったようです。 フルイタフォッサー 学名:F ...

絶滅哺乳類

ボラティコテリウム、皮膜を使ってジュラ紀の空を滑空した哺乳類

2017/12/03    ,

ボラティコテリウム ボラティコテリウムは、中生代 ジュラ紀中期の中国にすんでいた哺乳類です。 化石には皮膜のあとが残っていて、モモンガのような皮膜を使ってジュラ紀の空を滑空していました。 ボラティコテ ...

絶滅哺乳類

ハラミヤ、最古の植物食の哺乳形類

2017/12/03    ,

ハラミヤ ハラミヤは、中生代 三畳紀後期のフランスにすんでいた哺乳形類です。 現在見つかっている、最古の植物食の哺乳形類です。 ハラミヤ 学名:Haramiya sp.(ハラミヤの一種) 分類:単弓綱 ...

絶滅哺乳類

カストロカウダ、ジュラ紀の水中を泳いだ哺乳形類

2017/12/02    ,

カストロカウダ カストロカウダは、中生代 ジュラ紀中期の中国にすんでいた哺乳形類です。 体長45cmほどとかなり大きく、ビーバーのようなしっぽを持つ半水生の動物でした。 カストロカウダ 学名:Cast ...

絶滅哺乳類

アンボンドロ、マダガスカルで見つかったカモノハシやハリモグラの祖先

2017/12/01    ,

アンボンドロ アンボンドロは、中生代 ジュラ紀中期のマダガスカルにすんでいた哺乳類です。 体長は推定6cmほどで、下あごの一部しか見つかっていませんが、 現生の哺乳類の単孔類(カモノハシ、ハリモグラ、 ...

絶滅哺乳類

モルガヌコドン、単弓類と哺乳類の中間にあたる哺乳形類

2017/11/26    ,

モルガヌコドン モルガヌコドンは、哺乳類が祖先グループ(単弓網 キノドン類)から分岐した頃の動物で、生きていた時代は今から2億年ほど前(中生代 三畳紀後期)です。 哺乳類ではなく、哺乳類も含まれるもっ ...

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.