兼六園究極ガイド

あなたの知らない兼六園。うふふ…。

千歳台の周辺

普賢象(ふげんぞう)、普賢菩薩の乗る白いゾウさんの桜

更新日:



普賢象(ふげんぞう)

普賢象(ふげんぞう)は、普賢象桜(ふげんぞうざくら)、普賢堂(ふげんどう)とも呼ばれる桜です。

兼六園では、明治記念之標(銅像)の背中側、上坂口トイレ(かみさかぐち)の近くにあります。

うっ、まだつぼみ!。

ソメイヨシノは散ってるのに・・。

普賢象という名前は桜の品種名です。

室町時代から栽培されている古い品種で、かなり淡い桜色(ほぼ白い)八重桜です。

花の中から伸びるめしべが二本、普賢菩薩(ふげんぼざつ)の乗る白い象さんの牙のように見えるので、普賢象と呼ばれます。

普賢象の対面には、黄緑色の花が咲く鬱金桜(うこんざくら)があります。
花の時期が、普賢象の方が一週間ほど遅いので、一緒に満開にはならないのです。

鬱金桜(うこんざくら)、ふんわりパステルカラー淡い黄緑色の桜

鬱金桜(うこんざくら) 鬱金桜(うこんざくら)は、黄緑色の花が咲くめずらしい桜です。 鬱金桜というのは、桜の品種の名前です。 漢方薬のウコン(ショウガ科のウコン)の染料(ウコン色)に似た、黄色っぽい花 ...

続きを見る

普賢象の見ごろは、ソメイヨシノが散った頃、4月中頃~末頃です。

スポンサー リンク


スポンサー リンク


-千歳台の周辺
-,

Copyright© 兼六園究極ガイド , 2019 All Rights Reserved.