絶滅哺乳類

ディアコデキシス、うさぎサイズだった最古の偶蹄類

更新日:




ディアコデキシス

ディアコデキシスは、新生代 古第三紀 始新世前期(5600万年前~4130万年前)の北半球にすんでいた鯨偶蹄目の仲間です。

ウサギほどの大きさで、現生のマメジカに似た姿をしていました。


ディアコデキシス
学名:Diacodexis sp.(ディアコデキシスの一種)
分類:哺乳網 鯨偶蹄目 ディコブネ科
時代:新生代 古第三紀 始新世前期
体長:30cm
発掘地:北アメリカ、ヨーロッパ、アジア
学名の意味:めしつかいの噛み付き

ディアコデキシス

ディアコデキシスは、鯨偶蹄目(ウシ、シカ、キリン、クジラなど)のうち、最も初期に現れた仲間です。

大きさはウサギ程度で、現生のマメジカに似た姿でしたが、尻尾がとても長く、前肢後肢とも5本指でした。

ディアコデキシスの5本指は、第三指(中指)と第四指(薬指)が他の指よりも長くなっています。

こちらは現生のジャワマメジカ。体長50cmほど。

photo-by:無料写真素材・東京・横浜・湘南

ディアコデキシスはマメジカよりも一回り小さいのですが、よく似ていたかもしれません。







-絶滅哺乳類
-,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.