ジンゾウサウルス、イグアノドン類とハドロサウルス類の中間

ジンゾウサウルス(ジンジョウサウルス) ジンゾウサウルスは、白亜紀前期の中国にすんでいた植物食恐竜です。 イグアノドン類にもハドロサウルス類にも似た特徴を持っており、イグアノドン類からハドロサウルス類が枝分かれした直後の系統ではないか、 とされています。 ジンゾウサウルス 学名:Jinzhousaurus yangi(ジンゾウサウルス・ヤンギ) 分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 ハドロサウルス上科 時代:中生代 白亜紀前期 体長:7m 発掘地:中国 遼寧省 錦州 学名の意味: ...

ReadMore

マンテリサウルス、元イグアノドンの華奢な方

マンテリサウルス マンテリサウルスは、白亜紀前期のイギリスにすんでいた植物食恐竜です。 元はイグアノドンの一種、「イグアノドン・アセルフィルデンシス」という学名でしたが、2007年に新属新種として登録され、マンテリサウルスに改名されました。 マンテリサウルス 学名:Mantellisaurus atherfieldensis(マンテリサウルス・アセルフィルデンシス) 分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 イグアノドン科 時代:中生代白亜紀前期 体長:5.4m 発掘地:イギリス 学 ...

ReadMore

ジンユンペルタ、尻尾棍棒の役割が解明されるか、中国南部初のアンキロサウルス科

ジンユンペルタ ジンユンペルタは白亜紀後期の中国にすんでいた鎧竜類です。 2013年に、福井県立恐竜博物館と中国の浙江自然博物館、縉雲(ジンユン)県博物館の共同調査で見つかった新種です。 尻尾の棍棒は六角形で大きく、下あごの喉元に骨の鋲(びょう)があるという特徴があります。 ジンユンペルタ 学名:Jinyunpelta sinensis(ジンユンペルタ・シネンシス) 分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 装盾亜目 鎧竜下目 アンキロサウルス科 時代:中生代 白亜紀後期 体長:4.8m 発掘 ...

ReadMore

マイアサウラと恐竜子育て説

マイアサウラ マイアサウラは白亜紀紀後期の北アメリカにすんでいた大型のハロドサウルス類(カモノハシ恐竜)です。 ハドロサウルス類の仲間のうち、地味な突起や目立たないトサカを持つグループ「ハドロサウルス科」に含まれ、眉間(みけん:目と目の間)に低いトサカがあります。 マイアサウラ(幼体) 学名:Maiasaura peeblesorum(マイアサウラ・ペーブレソルム) 分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 ハドロサウルス科 時代:中生代 白亜紀後期 体長:成体8~9m 発掘地:アメ ...

ReadMore

シリントーナ、タイ王国の新属新種のイグアノドン類

シリントーナ シリントーナは、白亜紀前期のタイ王国にすんでいたイグアノドン類です。 福井県立恐竜博物館とタイ王国の珪化木鉱物資源東北調査研究所によって発見された新属新種のイグアノドン類です。 シリントーナ 学名:Sirindhorna khoratensis(シリントーナ・コラーテンシス) 分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 ハドロサウルス上科 科未定 時代:中生代 白亜紀前期 体長:6m 発掘地:タイ ラコーン・ラチャシーマ県 コラート層群 コク・クルアト層 学名の意味:タイ ...

ReadMore

ボロン、イグアノドン類の子ども

ボロン ボロンは、白亜紀前期の中国にすんでいたイグアノドン類の幼体です。 成長しても体長3m程度の小型イグアノドン類の幼体であると考えられています。 ボロン 学名:Bolong yixianensis(ボロン・イーシャネンシス) 分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 イグアノドン上科 科未定 時代:中生代 白亜紀前期 体長:約40cm 発掘地:中国 遼寧省 寧城県 学名の意味:小さな竜 ボロン ボロンは、白亜紀前期(アプチアン:約1億2500万年前~約1億1300万年前)の中国に ...

ReadMore

プロバクトロサウルス、ハドロサウルス科の祖先に近い仲間

プロバクトロサウルス プロバクトロサウルスは、白亜紀前期の中国にすんでいた植物食恐竜です。 イグアノドン類に似た姿をしていますが、歯のつくりなどはハドロサウルス類に近く、ハドロサウルス類の祖先に近い仲間ではないか、とされています。 プロバクトロサウルス 学名:Probactrosaurus gobiensis(プロバクトロサウルス・ゴビエンシス) 分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 ハドロサウルス上科 時代:中生代 白亜紀前期 体長:5.6m 発掘地:中国 内モンゴル自治区 学 ...

ReadMore

地質年代表(Geologic time scale)

地質年代表 地球が誕生した46億年からヒトの文明が始まる時代までを地質時代と呼びます。 地質時代を、地球環境の大きな変化や主要生物の入れ替わりなどを基準に区切った表が地質年代表です。 古い時代(冥王代)⇒新しい時代(現代)の順番に記載しています。 下に進むほど新しい時代です。 日本地質学会のサイトより、地質系統・年代の日本語記述ガイドライン 2022年2月改訂版を参考にしました。 冥王代(約46億年前~約40億年前) 地球が誕生した約46億年前~約40億年前までが冥王代(めいおうだい)。 始生代(約40億 ...

ReadMore

ランベオサウルス、中空のトサカを持つハドロサウルス類の代表種

ランベオサウルス ランベオサウルスは白亜紀後期のカナダやアメリカにすんでいた大型のハロドサウルス類(カモノハシ竜)です。 ハドロサウルス類のうち、頭に目立つ突起やトサカが発達したグループ「ランベオサウルス類」の代表種です。 ランベオサウルス(頭骨) 学名:Lambeosaurus lambei(ランベオサウルス・ランベイ) 分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 ハドロサウルス科 ランベオサウルス亜科 時代:中生代 白亜紀後期 体長:8.1m 発掘地:カナダ 学名の意味:ランベ(カ ...

ReadMore

カムイサウルス、北海道のむかわ竜、新属新種で学名「神の竜」に

カムイサウルス(むかわ竜) カムイサウルスは白亜紀後期の日本にすんでいたハロドサウルス類(カモノハシ竜)です。 北海道むかわ町で見つかったことから愛称「むかわ竜」と呼ばれていましたが、新種であることが判明し、2019年9月5日に新しい学名「カムイサウルス・ジャポニクス」と命名されました。 カムイサウルス 学名:Kamuysaurus japonicus(カムイサウルス・ジャポニクス) 分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 ハドロサウルス科 時代:中生代 白亜紀後期 体長:8m 発 ...

ReadMore

広告





広告 当サイトで使っているWordpressテーマ AFFINGER6』