恐竜・獣脚類

恐竜・獣脚類

ビセンテナリア、白亜紀後期のコエルロサウルス類

ビセンテナリア ビセンテナリアは白亜紀後期のアルゼンチンにすんでいた小型の獣脚類です。 生きていた時代は白亜紀後期の初め頃で比較的新しい時代の獣脚類ですが、系統的にはティラノサウルス類よりも古い系統で ...

恐竜・獣脚類

フクイヴェナトル、鋸歯を持たない福井の狩人

フクイヴェナトル フクイヴェナトルは、白亜紀前期の日本にすんでいた小型の獣脚類です。 日本国内で見つかった恐竜の中では7番目に学名がつけられました。 フクイヴェナトル(フクイベナートル) 学名:Fuk ...

恐竜・獣脚類

カウディプテリクス、原始的なオヴィラプトロサウルス類だった尾羽鳥

カウディプテリクス カウディプテリクスは白亜紀前期の中国にすんでいた羽毛恐竜です。 オヴィラプトル(オヴィラプトル科)やギガントラプトル(カエナグナトゥス科)などが含まれるグループ「オヴィラプトロサウ ...

恐竜・獣脚類

グアンロン、最も原始的なティラノサウルス類

グアンロン グアンロンはジュラ紀後期の中国にすんでいたティラノサウルス類です。 現在見つかっているもっとも原始的なティラノサウルス類で、グアンロンから約7500万年後、有名なティラノサウルス・レックス ...

恐竜・獣脚類

ザナバザル、アジア最大のトロドン科、旧サウロルニトイデス・ジュニオル

ザナバザル(ザナバザール) ザナバザルは白亜紀末期のモンゴルにすんでいた獣脚類で、恐竜類の中では最も鳥類に近いとされるトロオドン科の仲間です。 以前はサウロルニトイデスの一種とされていましたが、200 ...

恐竜・獣脚類

トロオドン、最も賢いとされた恐竜旧ステノニコサウルスの巣と卵

トロオドン トロオドンは中生代 白亜紀後期の北アメリカにすんでいた獣脚類です。 恐竜類の中で最も鳥類に近いとされるトロオドン科の代表種で、営巣の方法も鳥類に近い習性を持っていたようです。 トロオドン ...

恐竜・獣脚類

アリオラムス、顔ほそ長い系ティラノサウルス類

アリオラムス アリオラムスは白亜紀後期のモンゴルにすんでいたティラノサウルス類です。 ティラノサウルス類の中では珍しく、丈の低いほそ長い顔をしています。 アリオラムス(頭骨) 学名:Alioramus ...

恐竜・獣脚類

トルヴォサウルス、ジュラ紀後期のヨーロッパ最大級の獣脚類

トルヴォサウルス(トルボサウルス) トルヴォサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカ、ポルトガルにすんでいた肉食恐竜です。 同じ時代の北アメリカにはアロサウルスやケラトサウルスもすんでいました。 ジュラ紀 ...

恐竜・獣脚類

バンビラプトル、脳サイズは鳥類並み、鳥類に最も似た脳を持つ小型恐竜

バンビラプトル バンビラプトルは、白亜紀後期の北アメリカにすんでいたドロマエオサウルス類です。 脳の研究から、現生の鳥類に似た脳を持っていたことが分かっています。 バンビラプトル 学名:Bambira ...

恐竜・獣脚類

ネオベナトル、脳とCTスキャンから解明されるアロサウルス上科の活発さ

ネオベナトル(ネオベナートル) ネオベナトルは、白亜紀前期のイギリスにすんでいた肉食恐竜です。 アロサウルスに近い仲間(アロサウルス上科)、ネオベナトル科の仲間です。 日本で見つかったフクイラプトルも ...



© 2020 ひとり古生物祭り