恐竜・獣脚類

フクイヴェナトル、鋸歯を持たない福井の狩人

フクイヴェナトル

フクイヴェナトルは、白亜紀前期の日本にすんでいた小型の獣脚類です。

日本国内で見つかった恐竜の中では7番目に学名がつけられました。


フクイヴェナトル(フクイベナートル)
学名:Fukuivenator paradoxus(フクイヴェナトル・パラドクサス)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 竜盤目 獣脚亜目 マニラプトル形類
時代:中生代 白亜紀前期
体長:2.5m
発掘地:日本 福井県 勝山市 北谷
学名の意味:福井の狩人

白亜紀前期の羽毛恐竜

フクイヴェナトルは白亜紀前期(バレミアン~アプチアン:約1億2940万年前~約1億1300万年前)の日本にすんでいた獣脚類です。

日本で一体分の全身骨格が見つかることはとても珍しいのですが、
ほぼ全身の化石が見つかっているカムイサウルス(むかわ竜)に次いで、
全身の約70%の化石が見つかっています。

体長2.5m、推定体重25kg、小型の獣脚類です。

ヒトと比べるとこれくらい。

化石からは羽毛の痕跡は発見されていませんが、分類や系統から羽毛があった可能性が高いとされています。

学名の意味

フクイヴェナトルは、2007年に化石が発見されてから9年後、
2016年に日本で7番目に正式な学名が付けられました。

福井は見つかった地名から。ヴェナトル=「狩人」、種小名のパラドクサスは「矛盾する」とか「逆説の」という意味です。

フクイヴェナトルの頭骨。

歯は円錐形に近く、鋸歯(きょし:歯のギザギザ)がありません。肉食性ではなく、雑食性だったのではないか、とする説もあります。

持ち上がった後肢の爪や尻尾がピンと張るドロマエオサウルス類のような特徴を持ちながら、進化的な獣脚類がフツーに持っている鋸歯を持たないという原始的な特徴から、矛盾するという意味の「パラドクサス」という種小名がつけられました。

フクイヴェナトルの四肢。

後肢にはドロマエオサウルス類の持つ「恐ろしい爪」がありますが、あまり大きくありません。
前肢の指はかなり長く、湾曲したカギ爪があります。

分類

福井県勝山市の北谷で新しい獣脚類が見つかった、とのことで福井県立恐竜博物館では「獣脚類の右後肢」と表記され、透明な台でクルクル回っていました。
2000年くらいの画像。

お隣はシノルニトサウルスの復元模型。横で後肢がクルクル・・・。

ほぼ完全な復元骨格が展示。この時はドロマエオサウルス類として紹介されていました。
2010年ごろの画像。

獣脚類の歯には普通に見られる鋸歯がないことから、新種の可能性が高いことも掲示されていました。

2016年に正式な学名がつけられ「フクイヴェナトル・パラドクサス」に。

分類は、ここらへん。

ドロマエオサウルス類よりもずっと原始的な獣脚類に分類されています。

フクイヴェナトルの脳からわかること

フクイヴェナトルの頭骨化石には脳函(のうかん:頭骨にある脳の収まる空間)の後半部分が残っていて、小脳や内耳の形が解析されています。

管理人
脳函の前部が失われていたため、大脳の形はわかっていません。↓の脳エンドキャストのスペッと斜めになっている部分から前頭部側に、本来なら大脳がある。

フクイヴェナトルの脳エンドキャスト(脳函の型を取ったもの)。

三半規管が大きく発達していることから、他の獣脚類と同じくらいにバランス感覚にすぐれ俊敏であったこと、
蝸牛管が長いことから、聞き取れる音の範囲が広く、鳥類並みに聴覚がすぐれていたと推測されています。

優れた聴覚で自分や仲間の声を聞いていたのか、獲物のたてる音や鳴き声を聞いていたのか、両方聞いていたのかわかっていません。

-恐竜・獣脚類
-, ,

© 2020 ひとり古生物祭り