恐竜・周飾頭類

パキケファロサウルス、頭骨の厚さは20cm以上。なんたる石頭!

パキケファロサウルス

パキケファロサウルスは、白亜紀後期のアメリカにすんでいた二足歩行の植物食恐竜です。

パキケファロサウルスの仲間は分厚い頭骨を持つのが特徴で、堅頭竜(けんとうりゅう)とか、いしあたま恐竜などと呼ばれます。

パキケファロサウルス
学名:Pachycephalosaurus sp.(パキケファロサウルスの一種)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 周飾頭亜目 堅頭竜下目 パキケファロサウルス科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:7m
発掘地:アメリカ
学名の意味:厚い頭のトカゲ

ギザ石頭

パキケファロサウルスは、白亜紀末期(マーストリヒチアン:約7210万年前~約6600万年前)の北アメリカにすんでいました。

同じ時代の北アメリカには、ティラノサウルス、トリケラトプス、パキケファロサウルス、アンキロサウルスなどがすんでいました。

パキケファロサウルスは堅頭竜類(けんとうりゅう類)というグループの最大種であり代表種で、最大体長8m、推定体重300kg~500kgです。

堅頭竜類とは

堅頭竜類は、鳥盤類の中の周飾頭類に分類されています。
分類でいうと、ここらへん。

堅頭竜類の特徴は分厚い頭骨で、頭骨の厚さが20cmを超えるものも見つかっています。

頭頂部はドーム状にモッコリ盛り上がる種類と、盛り上がらない種類がいます。

パキケファロサウルスの頭頂部は盛り上がってドーム状になっており、鼻ヅラや後頭部はトゲやコブで飾られています。

石頭が幸いして見つかる化石は頭骨ばかり。胴体の化石はとても少ないのです。

石頭の使い道は?

パキケファロサウルスの特徴は、ドーム状に盛り上がった頭のてっぺんとトゲやコブで装飾された顔面です。

パキケファロサウルスの顔。

顔と後頭部にかけて、コブやトゲがあります。コブやトゲは左右対称で美しいです。

お辞儀をした体勢をとると、後頭部から鼻づらにかけての一面が武装した盾のようになるので、見せ合って威嚇や仲間へのアピールに使ったのかもしれません。

胴体にはトゲや鎧はありません。

パキケファロサウルスの分厚い頭骨の役割は、頭突きをして強さを競い合うため、といわれています。

助走をつけて走ってきてガツーン!!と頭をぶつけ合うのではなく、押し合ったり小突きあったりしのではないか、考えられています。

力に差があれば、自慢の頭を見せ合うだけで、勝負は決したのかも。

頭骨を保護したり衝撃を吸収するような作りは今のところ見つかっておらず、特に首が細いので、頭を力いっぱいぶつけ合った場合、首の骨がボッキリ折れるか脱臼するという研究結果があります。

イカツイ顔ですが、植物食恐竜です

パキケファロサウルスは二足歩行でイカツイ顔なので、肉食恐竜と間違われますが、植物食恐竜です。

パキケファロサウルスの歯です。口先はクチバシになっています。

小さく尖った歯は、口に入れた植物をザクザク噛んで、ゴックンするための歯です。
すりつぶすための歯は持っていません。

雑食性だったという説もありますが、植物食の傾向が強かったようで、胴は横にでっぷりと張り出ています。

植物は肉とちがって消化しにくいので、植物食恐竜は植物をすりつぶすために歯を特殊化させるか、消化するための長い腸や大きな胃などを準備しないといけないのです。

管理人
パキケファロサウルスは植物をザクザク噛んでごっくんする歯しか持っていなません。胴体がでっぷりしているのは、大きな消化器官で植物を消化していたから、と考えられています。

-恐竜・周飾頭類
-, ,

© 2020 ひとり古生物祭り