恐竜・獣脚類

ヤンチュアノサウルス、ジュラ紀の中国では最大の肉食恐竜

ヤンチュアノサウルス

ヤンチュアノサウルスは、ジュラ紀の中国にすんでいた肉食恐竜です。

体長10m、鼻ヅラに低いトサカを持つのが特徴です。

シンラプトルと共にジュラ紀の中国を代表する恐竜です。

ヤンチュアノサウルス(頭骨)
学名:Yangchuanosaurus hepingensis(ヤンチュアノサウルス・ヘピンゲンシス)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 竜盤目 獣脚亜目 シンラプトル科
時代:中生代 ジュラ紀後期
体長:10m
発掘地:中国 四川省
学名の意味:永川(ヤンチュアン:中国の地名)のトカゲ

ジュラ紀後期の中国最大の肉食恐竜

ヤンチュアノサウルスは、ジュラ紀後期(チトニアン:約1億5210万年前~約1億4500万年前)の中国にすんでいた獣脚類です。

最大体長11m、推定体重は3t、当時の中国最大の肉食恐竜です。

ヒトと比べるとこれくらい。

ヤンチュアノサウルスが含まれるシンラプトル科の恐竜は、ジュラ紀中期~後期のアジア特有の恐竜で、他の地域からは見つかっていません。

管理人
同じ時代、遠く離れた北アメリカにはアロサウルスがいました。

アロサウルスに似てます

ヤンチュアノサウルスの頭骨withどこかの小学生。ヤンチュアノサウルスの大きさがよく分かります。

ヤンチュアノサウルスは体のわりに頭骨が大きく、頭骨だけでも長さ1mくらいあります。

眼窩(がんか:目の穴)の上から鼻ヅラの先まで低いトサカがあります。

トサカのフチはザラザラしているので、もしかしたらプルプルのトサカがあったかもしれません。

ヤンチュアノサウルスの頭骨は、高さはあまり無くて前後に長めですが、左右に幅があり(ペッタンコではない)ので、暴れる獲物にもガップリ噛み付いて倒すこともできたでしょう。

ジュラ紀後期の中国にいた大型の竜脚形類(シュノサウルスなど)も獲物にできたかもしれません。

奥がヤンチュアノサウルス、手前の小さい頭がシュノサウルス。

 
ヤンチュアノサウルスを当時の哺乳類の目線で見てみる。

うおー、でけー。胴体の幅が狭い~。

ヤンチュアノサウルスの後肢。

中束骨は結束しておらず、指はあまり広がっていません。
第一指(親指)は後ろを向いておらず、第二指(人差し指)の横の低い位置にあります。

-恐竜・獣脚類
-, ,

© 2020 ひとり古生物祭り