中生代の生物 絶滅哺乳類

ヘンケロテリウム、有袋類と真獣類に共通する歯を持つ哺乳類

広告

ヘンケロテリウム

ヘンケロテリウムは中生代 ジュラ紀後期のポルトガルにすんでいた哺乳類です。

体長7cmほどで、樹上でくらしていたようです。

現生の有袋類と真獣類(有胎盤類)に共通する祖先の、根っこにあたる部分の動物です。


ヘンケロテリウム
学名:Henkelotherium sp.(ヘンケロテリウムの一種)
分類:哺乳綱 ドリオレステス類 パウロドン科
時代:中生代 ジュラ紀後期
体長:7cm
発掘地:ポルトガル
学名の意味:ヘンケル(生物学者)のケモノ

有袋類と真獣類の根っこ

ヘンケロテリウムは中生代 ジュラ紀後期のポルトガルにすんでいた哺乳類で、体長は7cmほどです。

手首や指の構造から、樹上性の動物であったと考えられています。

ヘンケロテリウム、樹上で縄張り争い。

 
 
ヘンケロテリウムの含まれるドリオレステス類は、
現生の有袋類と真獣類(有胎盤類)、および、両方のグループに共通する祖先の基礎的な哺乳類グループで、有袋類と真獣類(有胎盤類)の系統樹の根っこにあたるグループです。

ドリオレステス類の歯とアゴの骨。

下アゴの奥歯の後ろ部分に小さな尖った部分が見えます。
ココに上あごの大きなでっぱりが納まるようになり始めたのが、ドリオレステス類です。

現生の有袋類と真獣類(有胎盤類)は全て、ヘンケロテリウムと同じ歯やアゴの作りを共通して持っています。

やがて、ドリオレステス類よりも一歩進んで、下あごの小さな突起が臼状になり、上あごのでっぱりとガッツリ噛みあうようになります。

一噛みで、切り刻み&すりつぶしができるように進化したのが、現在のトリボスフェニダ類(真獣類と有袋類)の歯なのです。


広告



オヌヌメ記事

1

リカエノプス(リケノプス) リカエノプスは、古生代 ペルム紀後期の南アフリカにすんでいた単弓類です。 大きな犬歯が特徴の肉食性の単弓類で、当時の単弓類としては走るのが得意だった、とされています。 リカ ...

2

エオドロマエウス エオドロマエウスは、恐竜の祖先が現れてまもない時代のごく初期の恐竜で、最古の獣脚類のひとつです。 アルゼンチンから見つかっています。 エオドロマエウス 学名:Eodromaeus m ...

3

ケラトサウルス ケラトサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカにすんでいた肉食恐竜です。 顔面に3つのツノ状の突起があり、前肢の指は4本、背中に装甲が並んでいるという、オリジナルな特 ...

4

カマラサウルス カマラサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカにすんでいた大型の竜脚類です。 竜脚類代表のような恐竜ですが、調べると意外に知らなかったことが多いです。 もくじ1 カマラサウルス1.1 カマ ...

-中生代の生物, 絶滅哺乳類
-, ,