新生代の生物 絶滅哺乳類

ミロミガーレ、ハネジネズミのご先祖様

広告

最古のハネジネズミ

ミロミガーレは、最古のハネジネズミ目の仲間です。

ハネジネズミ目というグループは、アフリカにすんでいる食虫性の小動物で、長い後ろ足と長い鼻を持っています。


ミロミガーレ
学名:Mylomygale sp.(ミロミガーレの一種)
分類:哺乳綱 ハネジネズミ目 ハネジネズミ科
時代:新生代 新第三紀 鮮新世後期(約250万年前)
体長:15~20cm
生息地:アフリカ

姿はあまり変わっていない

ミロミガーレは、最古のハネジネズミ目の仲間で、新生代 新第三紀 鮮新世後期(せんしんせい:約250万年前)のアフリカにすんでいた絶滅哺乳類です。

ミロミガーレは体長20cmほどの大きさで、後ろ足が長く、姿は現生のハネジネズミの仲間とあまり変わっていません。

現生のハネジネズミの仲間、アカハネジネズミ。

photo by :pixabay

ハネジネズミ目は、アフリカ獣類(ゾウ目、カイギュウ目、ハイラックス目、テンレック目、ツチブタ目)に含まれるグループで、遺伝子的にはアフリカ獣類の中ではテンレック目とツチブタ目に近縁です。

管理人
食虫目(モグラの仲間)のトガリネズミによく似ていますが、トガリネズミとは別のグループです。トガリネズミとハネジネズミは、ヒトとコウモリ以上の差があります。

ハネジネズミ目ってどんなグループ?

ハネジネズミ目の仲間(1科4属16種)は、アフリカの広い範囲にすんでいる小型の哺乳類です。

多くの仲間は昼間に活動する昼行性で、器用に動く長い鼻を使って落ち葉の下や草むらに隠れている昆虫を探ったり、果実などの植物を探したりします。

ハネジネズミの仲間は、化石種もアフリカからしか見つかっていません。

新しい環境へ進出することも食性やスタイルをほぼ変えることもなく、現在に至っているのでしょう。

※ミロミガーレよりずっと古い地層(新生代 古第三紀 始新世前期:約5500万年前)からもハネジネズミの仲間の特長を持った化石が見つかりました。ミロミガーレは最古ではないようです。


広告



オヌヌメ記事

1

リカエノプス(リケノプス) リカエノプスは、古生代 ペルム紀後期の南アフリカにすんでいた単弓類です。 大きな犬歯が特徴の肉食性の単弓類で、当時の単弓類としては走るのが得意だった、とされています。 リカ ...

2

エオドロマエウス エオドロマエウスは、恐竜の祖先が現れてまもない時代のごく初期の恐竜で、最古の獣脚類のひとつです。 アルゼンチンから見つかっています。 エオドロマエウス 学名:Eodromaeus m ...

3

ケラトサウルス ケラトサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカにすんでいた肉食恐竜です。 顔面に3つのツノ状の突起があり、前肢の指は4本、背中に装甲が並んでいるという、オリジナルな特 ...

4

カマラサウルス カマラサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカにすんでいた大型の竜脚類です。 竜脚類代表のような恐竜ですが、調べると意外に知らなかったことが多いです。 もくじ1 カマラサウルス1.1 カマ ...

-新生代の生物, 絶滅哺乳類
-,