新生代の生物 絶滅哺乳類

エナリアルクトス、アザラシやアシカのご先祖様

広告

エナリアルクトス

エナリアルクトスは最も古い鰭脚類(ききゃくるい)の仲間で、2300万年前~2000万年前の北アメリカや日本にすんでいました。

すべての鰭脚類のグループ(アザラシ科、アシカ科、セイウチ科、デスマトフォカ科)の祖先にあたる動物と考えられています。


エナリアルクトス
学名:Enaliarctos sp.(エナリアルクトスの一種)
分類:哺乳網 食肉目 イヌ型亜目 鰭脚下目 科不明
時代:新生代 古第三紀 漸新世後期~新第三紀 中新世前期
体長:1.5m
発掘地:北アメリカ、日本
学名の意味:海のクマ

エナリアルクトス

エナリアルクトスは最も古い鰭脚類(ききゃくるい)の仲間で、2300万年前~2000万年前に北アメリカや日本にすんでいました。

すべての鰭脚類のグループ(アザラシ科、アシカ科、セイウチ科、デスマトフォカ科)の祖先にあたる動物である考えられています。

脚はすでにヒレになっており、アザラシよりもアシカのような体型で、陸上でも歩くことができたようです。

現生の鰭脚類では退化して無くなっている裂肉歯(肉を裂く歯)は、エナリアルクトスでは立派に残っています。

もしかしたら魚だけでなく、海鳥や小動物も食べたのかもしれません。


広告



オヌヌメ記事

1

リカエノプス(リケノプス) リカエノプスは、古生代 ペルム紀後期の南アフリカにすんでいた単弓類です。 大きな犬歯が特徴の肉食性の単弓類で、当時の単弓類としては走るのが得意だった、とされています。 リカ ...

2

エオドロマエウス エオドロマエウスは、恐竜の祖先が現れてまもない時代のごく初期の恐竜で、最古の獣脚類のひとつです。 アルゼンチンから見つかっています。 エオドロマエウス 学名:Eodromaeus m ...

3

ケラトサウルス ケラトサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカにすんでいた肉食恐竜です。 顔面に3つのツノ状の突起があり、前肢の指は4本、背中に装甲が並んでいるという、オリジナルな特 ...

4

カマラサウルス カマラサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカにすんでいた大型の竜脚類です。 竜脚類代表のような恐竜ですが、調べると意外に知らなかったことが多いです。 もくじ1 カマラサウルス1.1 カマ ...

-新生代の生物, 絶滅哺乳類
-,