恐竜類

アエロステオン、身軽な体長11m体重3.5トン

投稿日:




アエロステオン

アエロステオンは、白亜紀後期のアルゼンチンにすんでいた肉食恐竜です。

アロサウルスに近い仲間「ネオベナトル科」の仲間です。


アエロステオン
学名:Aerosteon sp.(アエロステオンの一種)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 竜盤目 獣脚亜目 ネオベナトル科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:11.5m
発掘地:アルゼンチン
学名の意味:空気の骨

身軽な体長11m

アエロステオンは白亜紀後期の真ん中頃(サントニアン:約8630万年前~約8360万年前)のアルゼンチンにすんでいた肉食恐竜で、アロサウルスに近いグループ「ネオベナトル科」の仲間です。

ネオベナトル科の仲間の多くは白亜紀前期の終わり頃に衰退していますが、アエロステオンは白亜紀後期の中頃まで生き残っていた仲間です。

同じネオベナトル科には、フクイラプトル(体長約5m)やアウストロベナトル(体長約6m)が含まれますが、アエロステオンは体長11.5m、推定体重900kg~3.5tと、この仲間では最大です。

管理人
フクイラプトルは成長するともっと大きくなった可能性がある、とされています。

学名の「アエロステオン」とは「空気の骨」という意味で、骨が鳥の骨のように中空だったことから名付けられました。

体は大型ですが、身軽だったかもしれません。

軽快に襲って来る体長11m・・襲われるほうにしてみればたまったもんじゃなかったでしょう。







-恐竜類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.