恐竜類

バクトロサウルス、中国でも繁栄していたハドロサウルス類

更新日:




バクトロサウルス

バクトロサウルスは、白亜紀後期の中国にすんでいた植物食恐竜です。

大きいものでは体長6m。

同じ地層から、アーケオルニトミムスも発見されています。


バクトロサウルス
学名:Bactrosaurus johnsoni(バクトロサウルス・ジョンソニ)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 ハドロサウルス科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:4.5m
発掘地:中国
学名の意味:棍棒(こんぼう)トカゲ

イグアノドンじゃないよ

バクトロサウルスは中国でみつかったハドロサウルス類です。

ハドロサウルス科に含まれていますが、ハドロサウルス科の初期の仲間なので、イグアノドン+ハドロサウルス(ちょっとイグアノドン寄り)な姿をしています。

ハドロサウルス科の仲間が無くした上あごの前歯が、小型化しつつもまだ残っているところが原始的です。
 
 
白亜紀後期の中国。
肉食恐竜の気配に気づいたアーケオルニトミムス、逃げる2秒前。

バクトロサウルス、気づかずムシャムシャ。







-恐竜類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.