恐竜類

コエロフィシス、三畳紀の原始的な獣脚類は細くて華奢だった

更新日:




コエロフィシス

コエロフィシスは、三畳紀後期のアメリカにすんでいた肉食恐竜です。

原始的な獣脚類で、首と尾が長く前肢の指は4本あります。


コエロフィシス
学名:Coelophysis bauri(コエロフィシス・バウリ)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 竜盤目 獣脚亜目 コエロフィシス科
時代:中生代 三畳紀後期
体長:3m
発掘地:アメリカ合衆国 ニューメキシコ州
学名の意味:中空のもの

三畳紀後期の原始的な獣脚類

コエロフィシスは三畳紀後期のアメリカにすんでいた肉食恐竜です。

ジュラシックハンター コエロフィシス

価格:1,200円
(2018/10/18 21:00時点)

体長は3mですが、尻尾と首が長いので、背丈は人のフトモモか尻くらいまでしかありません。

コエロフィシスの全身骨格です。細長くて華奢なシルエットです。

前肢はかなり短めで、指は4本です。

コエロフィシスの細長い頭骨。口の奥へ向ってカーブする歯は肉食性の獣脚類の特徴です。

眼窩(がんか:目の穴)の上から鼻先にかけて低い稜があるので、トサカ的なものがあったのかもしれません。

上あごの先にあるヘコミは、シノサウルスやスコミムスにもあります。
共通する食性があるのか、役割があるのでしょう。

最後の食事

コエロフィシスの胃のあたりにあるゴロゴロした骨は、トカゲの仲間の骨。

胃にある骨は以前は共食いされたコエロフィシスだとされていましたが、トカゲかワニであることがわかっています。

トカゲや昆虫などの動きの早い生物を捕まえて捕食することができたのでしょう。

コエロフィシスと同じ時代には、単弓類から枝分かれしたばかりの哺乳類もいたので、哺乳類もおつまみにされていたかもしれません。

コエロフィシス、描いてみた

アメリカのゴーストランチでは、たくさんのコエロフィシスの化石が折り重なるように見つかっており、群れで暮らしていたようです。
群れには幼体や老体は少なく、成体のオスとメスで構成されていました。
現生の大きな群れをつくる哺乳類も同じような構成で群れるので、偶然集まったのではなく、理由があって群れをつくっていた、と考えられています。
集団で狩りをしていたというよりは、敵に教われないために群れていたのかもしれません。

騒がしく移動するコエロフィシスの群れ。

全身が華奢でほっそりしたシルエットです。長い尻尾、長い首、口先にヘコミのある細く尖った顔が特徴です。
前肢の指は4本です。







-恐竜類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.