古生代の生物 単弓類

リカエノプス、ペルム紀の肉食性の単弓類

投稿日:



リカエノプス

リカエノプスは、古生代 ペルム紀後期の南アフリカにすんでいた肉食性の単弓類です。

上アゴの犬歯が立派な肉食獣です。


リカエノプス
学名:Lycaenops sp.(リカエノプスの一種)
分類:哺乳網 獣弓目 ゴルゴノプス亜目 ゴルゴノプス科
時代:古生代 ペルム紀後期
体長:70cm
発掘地:アフリカ南部
学名の意味:オオカミの顔

リカエノプス

リカエノプスは、ペルム紀後期(約2億5200万年前)の南アフリカにすんでいた肉食性の単弓類です。

体長は約70cm。

ヒトと比べるとこれくらいの大きさです。

キツネか大きめの柴犬くらいの大きさですが、丈は低いです。

イヌやキツネと違い胴体の真下に脚が伸びておらず、前肢は胴体の横に伸びています。
後肢はほぼ真下に伸びるか少し斜め下に伸びています。

上アゴの犬歯が大きく発達しているので、現生のイヌ科の動物のように噛み付いて獲物を襲っていたと考えられているので、学名の意味は「オオカミの顔」。

犬歯は発達していましたが奥歯は退化的で、犬歯で刺して前歯で肉を噛み切っていたようです。

あまり早く走れるようには見えませんが、トカゲのように体をくねらせて走るのではなく、走る時に胴体がほとんどブレないような骨格になっていました。

走っても胴体が動かないので呼吸をジャマされることがなく、(当時の生物としては)長距離を早いスピードで走ることができたようです。

当時としては恐ろしい捕食者だったでしょう。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク

-古生代の生物, 単弓類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.