絶滅哺乳類

パレオラグス、最古のウサギ科の動物はすでにウサギ

更新日:




パレオラグス

パレオラグスは初期のウサギ科の仲間です。
始新世後期~漸新世後期(3780万年前~2303万年前)の北アメリカにすんでいました。


パレオラグス
学名:Palaeolagus haydeni(パレオラグス・ハイデニ)
分類:哺乳網 ウサギ目 ウサギ科 ムカシウサギ亜科
時代:新生代 古第三紀 始新世後期~漸新世後期
体長:30cm
発掘地:アメリカ サウスダゴタ州
学名の意味:パレオ=昔の、ラグス=ウサギ

昔のウサギ、でもすでにウサギ

パレオラグスは、3780万年前~2303万年前のウサギ科の仲間です。

大きな前歯を持っていましたが、現生のウサギのように一生延び続ける奥歯は持っていませんでした。

後ろ足も現生のウサギほど長くないため、跳ねるのは上手ではなかったようです。

上手ではなかったとはいえ、跳ねて逃げたはず。







-絶滅哺乳類
-,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.