恐竜類

インロン、最古の角竜類はアジア産の二足歩行の小型恐竜だった

更新日:



インロン

インロンは、ジュラ紀後期の中国にすんでいた角竜類で、現在見つかっている最古の角竜類です。

体長は約1mで、角もフリルもありませんがクチバシに角竜類オリジナルの特徴を持っています。


インロン
学名:Yinlong downsi(インロン・ドウンシ)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 周飾頭亜目 角竜下目 科不明
時代:中生代 ジュラ紀後期
体長:1.2m
発掘地:中国 新疆ウイグル自治区
学名の意味:隠れた竜

角竜類の起源が約5000万年もさかのぼる

インロンは、体長約1.2m、推定体重7~20kgの小型の角竜類で、ジュラ紀後期(オックスフォーディアン:約1億6120万年前~約1億5730万年前)の中国にすんでいました。

管理人
最大体長約3m、推定体重20~45kgという説もあります。

現在見つかっている最古の角竜類で、角竜類の起源がアジアだったことの証拠とされています。

原始的な角竜類として有名なプシッタコサウルスが生きていた時代が白亜紀前期(アプチアン~アルビアン:約1億2500万年前~約1億0100万年前)くらいなので、インロンの発見により角竜類の起源が約5000万年ほどもさかのぼったことになります。

インロンの化石

インロンの頭骨です。

クチバシはあまり目立たず、他の角竜では退化していった口先の歯が立派に残っています。

こんな感じ?。

フリルも角も持っておらず角竜類には見えないかもしれませんが、インロンには、上あごの先端に『吻骨(ふんこつ)』と呼ばれるクチバシを支える骨がちゃんとあります。

インロンの頭骨拡大。矢印が『吻骨(ふんこつ)』です。

この小さな吻骨が見つかっていなければ分類不明だった、と言われています。

管理人
吻骨は角竜類オリジナルの特徴です。

インロンの産状化石です。
上半身。

下半身。後肢が長いので、2足歩行だったのでしょう。

インロンは、いつも隠れがちの照れ屋さん恐竜だったわけではないよ。

インロン、描いてみた

インロンを描いてみました。

描く際の特徴としては、小さくて寸詰まりの頭骨、小さいクチバシ、眼窩(がんか:目の穴)よりも大きな側頭窓。
眼窩には眼瞼骨(がんけんこつ)があるので、眉間のでっぱりで目を奥目にしてみました。

角竜類っぽく描いてみましたが、ジュラ紀の鳥脚目の恐竜(ヒプシロフォドンなど)に似ていたかもしれません。







-恐竜類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.