恐竜・鳥脚亜目 中生代の生物

ヒパクロサウルス、成長とともに立派になったトサカ

広告

ヒパクロサウルス

ヒパクロサウルスは、頭に半円形のトサカを持つハドロサウルス類(カモノハシ竜)です。

ハドロサウルス類の中でも派手なトサカを持つグループ、ランベオサウルス類に含まれます。


ヒパクロサウルス(亜成体)
学名:Hypacrosaurus stebingeri(ヒパクロサウルス・ステビンゲリ)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 ハドロサウルス科 ランベオサウルス亜科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:4m
発掘地:アメリカ モンタナ州
学名の意味:最高に近いトカゲ

半円形のトサカを持つハドロサウルス類

ヒパクロサウルスは白亜紀後期(カンパニアン:約8360万年前~約7210万年前)の北アメリカにすんでいたハドロサウルス類です。

ハドロサウルス類(カモノハシ恐竜)のうちのトサカが目立つ仲間、ランベオサウルス類に含まれます。

最大体長10m、推定体重900kg~3.6t。

ヒトと比べるとこれくらいの大きさ。

トップの化石画像の個体は成長途中の亜成体で、体長4mです。

トサカは成長するにつれ立派になっていくので、成体のシンボルみたいな役割をしたのでしょう。

成体になると半月型のトサカを持ちます。

ヒパクロサウルスのトサカは、コリトサウルスに似た半円形のトサカですが、コリトサウルスよりも丈が低いのです。

ヒパクロサウルスは、巣や卵も見つかっていて、子育てしていたことがわかっています。

大きな群れをつくって暮らしていたようなので、トサカの大きさで成熟度や性別が分かるということがとても重要だったのでしょう。


広告



オヌヌメ記事

1

リカエノプス(リケノプス) リカエノプスは、古生代 ペルム紀後期の南アフリカにすんでいた単弓類です。 大きな犬歯が特徴の肉食性の単弓類で、当時の単弓類としては走るのが得意だった、とされています。 リカ ...

2

エオドロマエウス エオドロマエウスは、恐竜の祖先が現れてまもない時代のごく初期の恐竜で、最古の獣脚類のひとつです。 アルゼンチンから見つかっています。 エオドロマエウス 学名:Eodromaeus m ...

3

ケラトサウルス ケラトサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカにすんでいた肉食恐竜です。 顔面に3つのツノ状の突起があり、前肢の指は4本、背中に装甲が並んでいるという、オリジナルな特 ...

4

カマラサウルス カマラサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカにすんでいた大型の竜脚類です。 竜脚類代表のような恐竜ですが、調べると意外に知らなかったことが多いです。 もくじ1 カマラサウルス1.1 カマ ...

-恐竜・鳥脚亜目, 中生代の生物
-, ,