恐竜・鳥脚亜目

ジンゾウサウルス、イグアノドン類とハドロサウルス類の中間

ジンゾウサウルス(ジンジョウサウルス)

ジンゾウサウルスは、白亜紀前期の中国にすんでいた植物食恐竜です。

イグアノドン類にもハドロサウルス類にも似た特徴を持っており、イグアノドン類からハドロサウルス類が枝分かれした直後の系統ではないか、
とされています。


ジンゾウサウルス
学名:Jinzhousaurus yangi(ジンゾウサウルス・ヤンギ)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 ハドロサウルス上科
時代:中生代 白亜紀前期
体長:7m
発掘地:中国 遼寧省 錦州
学名の意味:錦州(ジンジョウ:中国の地名)のトカゲ

分類不明

ジンゾウサウルスは、白亜紀前期(バレミアン:約1億2940万年前~約1億2500万年前)の中国にすんでいた植物食恐竜です。

体長約7m、推定体重700kg~2.5t。

ヒトと比べるとこれくらい。

イグアノドン類とハドロサウルス類の特徴が混ざった鳥脚類で、親指スパイクを持っているところはイグアノドン類、顔が少し長めで鼻の穴が大きいところはハドロサウルス類に似ています。

研究者によって分類が異なり、小学館の図鑑NEOでは「古いタイプのハドロサウルス類」に、福井県立恐竜博物館の資料では「イグアノドン類」に分類されています。

分類はいまのとこ、ここらへん。

-恐竜・鳥脚亜目
-, ,

© 2021 ひとり古生物祭り