恐竜以外の爬虫類 中生代の生物

シャスタサウルス、最大の魚竜類はクジラサイズ

広告

シャスタサウルス

シャスタサウルスは中生代 三畳紀後期の魚竜類です。
体長15m、魚竜類では最大です。

カナダからは体長21mと推定される化石も見つかっています。


シャスタサウルス
学名:Shastasaurus sp.(シャスタサウルスの一種)
分類:爬虫網 魚竜目 科不明
時代:中生代 三畳紀後期
体長:15m
発掘地:アメリカ、カナダ、中国
学名の意味:シャスタ(カリフォルニアの地名)のトカゲ

最大の魚竜類

シャスタサウルスは中生代 三畳紀後期の海にすんでいた魚竜類です。

体長15m、生きていた時代は古いのですが、魚竜類では最大です。

カナダからは推定体長21mとされる化石が見つかっていて、
その場合、海にすんだ海生爬虫類(モササウルスやクビナガリュウなど)の中でも最大です。

日本で見つかっている最古の魚竜類ウタツサウルス(三畳紀前期)は体長約3mなので、約5000万年ほど後には、体長20mを超える仲間が現れたことになります。

シャスタサウルス、描いてみた

シャスタサウルスを描いてみました。群れを作っていた証拠は見つかっていません。

体長のわりに頭がとても小さいのが特徴で、ウタツサウルス同様、背びれは無く、体をくねらせて泳いでいたと考えられています。

シャスタサウルスには歯が無かった、とされていますが、魚竜類には成長すると歯が無くなる仲間がいるので幼体には歯を描き、成体は歯無しとしました。


広告



オヌヌメ記事

1

リカエノプス(リケノプス) リカエノプスは、古生代 ペルム紀後期の南アフリカにすんでいた単弓類です。 大きな犬歯が特徴の肉食性の単弓類で、当時の単弓類としては走るのが得意だった、とされています。 リカ ...

2

エオドロマエウス エオドロマエウスは、恐竜の祖先が現れてまもない時代のごく初期の恐竜で、最古の獣脚類のひとつです。 アルゼンチンから見つかっています。 エオドロマエウス 学名:Eodromaeus m ...

3

ケラトサウルス ケラトサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカにすんでいた肉食恐竜です。 顔面に3つのツノ状の突起があり、前肢の指は4本、背中に装甲が並んでいるという、オリジナルな特 ...

4

カマラサウルス カマラサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカにすんでいた大型の竜脚類です。 竜脚類代表のような恐竜ですが、調べると意外に知らなかったことが多いです。 もくじ1 カマラサウルス1.1 カマ ...

-恐竜以外の爬虫類, 中生代の生物
-, , ,