中生代の生物 絶滅哺乳類

ザランブダレステス、恐竜時代の原始的な有胎盤類

広告

ザランブダレステス

ザランブダレステスは中生代 白亜紀後期のモンゴルにすんでいた絶滅哺乳類です。

小型の食虫性の哺乳類で、以前はウサギ目とネズミ目に共通する祖先のずーっと根っこの方のグループとされていました。


ザランブダレステス
学名:Zalambdalestes lechei(ザランブダレステス・レケイ)
分類:哺乳綱 アナガレ目 ザランブダレステス科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:胴頭長約15~20cm
発掘地:モンゴル バインザク ジャドクタ層
学名の意味:ラムダ型の泥棒

恐竜時代の原始的な真獣類

ザランブダレステスは、中生代 白亜紀後期のモンゴルにすんでいた絶滅哺乳類です。

尻尾ぬきだと15~20cm、これにプラスして尻尾がとても長いです。

ヒトと比べるとこれくらい。ちっさい。

目が大きく、後肢が長く、現生のハネジネスミ(ハネジネズミ目)に似たような姿だったのではないか、とされています。

現生のハネジネスミの一種、アカハネジネスミ。

photo by :pixabay

ザランブダレステスもハネジネスミのように後肢が長いので、ピョンピョン跳ねて移動していたようです。

頭骨の鼻の穴が少し上を向いていたようなので、鼻が長かったらしい。

歯はトガリネズミ(モグラ目)などの食虫性の小型哺乳類に似て、小さな三角形の尖った歯をしています。

ザランブダレステスの頭骨と右下顎骨です。とっても小さい。

学名は、「The!ラムダ型の泥棒」という意味で、ラムダはギリシャ語のΛ(ラムダ)、歯が三角形なことに由来します。
レステスは泥棒という意味ですが、盗む者、とか、盗人(ぬすっと)という意味です。

ザランブダレステスの含まれるアナガレ目は、ウサギ目とネズミ目に共通する祖先のずーっと根っこのほうのグループとされていましたが、
もっと原始的な、ごく初期の真獣類(有胎盤類)のグループではないか、とされています。

アナガレ目は「白亜紀末の大量絶滅」を生き残りましたが、再び繁栄することはなく、古第三紀 漸新世の中頃(約2782万年前頃)に絶滅しています。

絶滅した理由については、同じ小型哺乳類であるウサギ目やネズミ目と競合した、という説があります。


広告



オヌヌメ記事

1

リカエノプス(リケノプス) リカエノプスは、古生代 ペルム紀後期の南アフリカにすんでいた単弓類です。 大きな犬歯が特徴の肉食性の単弓類で、当時の単弓類としては走るのが得意だった、とされています。 リカ ...

2

エオドロマエウス エオドロマエウスは、恐竜の祖先が現れてまもない時代のごく初期の恐竜で、最古の獣脚類のひとつです。 アルゼンチンから見つかっています。 エオドロマエウス 学名:Eodromaeus m ...

3

ケラトサウルス ケラトサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカにすんでいた肉食恐竜です。 顔面に3つのツノ状の突起があり、前肢の指は4本、背中に装甲が並んでいるという、オリジナルな特 ...

4

カマラサウルス カマラサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカにすんでいた大型の竜脚類です。 竜脚類代表のような恐竜ですが、調べると意外に知らなかったことが多いです。 もくじ1 カマラサウルス1.1 カマ ...

-中生代の生物, 絶滅哺乳類
-, ,