恐竜類

アクイロプス、北米最古の角竜は鷲顔だった?

更新日:




アクイロプス、北米最古の角竜

アクイロプスは、2013年に新種として記載された原始的な角竜類です。

頭骨しか見つかっていませんが、体長は60cm程度と推測されています。

アクイロプスの発見により、角竜類がアジアから北米へ渡った時期が白亜紀前期末(1億1000万年前)より前であることが分かりました。

アクイロプス(頭骨の3D復元模型)
学名:Aquilops americanus(アクイロプス・アメリカヌス)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 周飾頭亜目 角竜下目 ネオケラトプス類
時代:中生代 白亜紀前期
体長:60cmほど(頭骨は10cmほど)
発掘地:北アメリカ
学名の意味:ワシ(鷲)の顔(アクイラ=鷲、オプス=顔)

ネオケラトプス類とは

アクイロプスは体長60cmほどの小型の角竜類で、原始的な角竜類のグループ、ネオケラトプス類に分類されています。
 
角竜類といえば、トリケラトプスに代表されるような大きな頭骨、派手な襟飾り、立派な角を持つ四足歩行の大型恐竜をイメージしますが、
角竜類でこのような目立つ襟飾りや角を持つ仲間は白亜紀後期に現れたケラトプス科の仲間だけです。

ネオケラトプス類は、襟飾りを持たない原始的な角竜類(プシッタコサウルスなど)よりも少し進化した仲間で、目立たない襟飾りがあり、顔面に角を持ちません。

ネオケラトプス類よりも原始的な角竜類。

プシッタコサウルス、原始的な角竜類にはフリルも角も無かった

プシッタコサウルス プシッタコサウルスは、白亜紀前期のアジアにすんでいた角竜類です。 角竜類にはトリケラトプスやプロトケラトプスが含まれますが、プシッタコサウルスは、角もフリル(えり飾り)も持たない原 ...

続きを見る

 

アクイロプス、鷲顔の角竜

福井県立恐竜博物館の、アクイロプス復元図。


アクイロプスの学名は、アクイラ=ラテン語で鷲(ワシ)、とか、カギ型に曲がった)、オプス=顔、の意です。
 
 
ご存知の通り角竜類はクチバシを持った植物食恐竜なのですが、角竜類のクチバシはオウムのクチバシに例えられます。
 
オウムの顔面。

アクイロプスのクチバシは、オウムというよりワシのクチバシのよう。

オウムのクチバシは弧を描いて丸~いけど、ワシのクチバシは先端でカックンと曲がり、カギ型になってるのですよ。
 
ハクトウワシ。ね。アクイロプスの口先はオウムよりもワシに似てます。
 

ただし、アクイロプスはワシと違ってクチバシの先にナゾの突起があります。

突起の用途は分かっていませんが、食性に関係があるのかもしれません。

植物をより分けたり、鞘や茎を裂いたりして中身を取り出すようなエサを食べていたのかもしれません。

胴体が見つかれば、なにか手がかりが見つかるかもしれませんね。

 

北アメリカ最古の角竜

アクイロプスは、北アメリカで見つかった角竜類のうち、最古の仲間です。

白亜紀前期末(1億1000万年前)頃の角竜類は、プシッタコサウルスやアーケオケラトプスなど、アジアオンリーで繁栄していました。

アジアと北アメリカの間にはベーリング海峡があり海で隔てられて移動できなかったのですが、
アクイロプスの祖先は、一時的に陸続きになったベーリング海峡を渡って北アメリカに移動したのです。

その後、またベーリング海峡は海で隔てられ、角竜類はアジアと北アメリカ両方でそれぞれ独自の進化をしていきました。

 

渡米したアクイロプス。うまいものを見つけた。
 

 

アクイロプスは、トリケラトプスの祖先?

アクイロプスが最初に渡米した角竜類ならば、
北アメリカの角竜類として有名な、トリケラトプスやスティラコサウルスなどの祖先なんじゃないかと思ったわけですが、

 
トリケラトプスやスティラコサウルスなどは、アクイロプスとは別系統の角竜類だそうです。
 
アクイロプスが渡米後、ベーリング海峡が再び海で隔てられた時期があり、アジアと北アメリカは分断され、それぞれ独自の角竜類が進化しました。
 
その後、再度ベーリング海峡が陸続きになったときに渡米した角竜類が、トリケラトプスなどの祖先だと考えられえています。
 
アクイロプスの系統は、新天地のアメリカで繁栄することなく滅んでしまったようです。
 







-恐竜類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.