竜脚形類

エオラプトル、最古の竜脚形類(竜脚形亜目)は二足歩行の小型恐竜だった

更新日:



エオラプトル

エオラプトルは、体長1.5mほどの二足歩行の恐竜です。

恐竜が現れてまもない時代のごく初期の恐竜で、最古の竜脚形類(竜脚形亜目)のひとつです。

※最近の分類では、竜脚形類と獣脚類の中間くらいの系統に分類する研究者もいます。


エオラプトル
学名:Eoraptor lunensis(エオラプトル・ルネンシス)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 竜盤目 竜脚形亜目 科未定
時代:中生代 三畳紀後期
体長:1.5m
発掘地:アルゼンチン サンワン州
学名の意味:暁(あかつき)のどろぼう(エオ=暁の、ラプトル=どろぼう)

最古の竜脚形亜目

エオラプトルは、1993年に命名された最古の竜脚形類(竜脚形亜目)の一つです。

三畳紀後期の始め頃(カーニアン:約2億2870万年前~約2億1650万年前)のアルゼンチンにすんでいました。

体長1.5m、推定体重2kg、小型で華奢な二足歩行の恐竜です。

エオラプトルの復元模型。

恐竜の「体長」というのは、口の先から尻尾の先までを指します。
エオラプトルの体長は1.5mですが、背丈はヒトのヒザくらいまでしかありません。

分類

竜脚形亜目の分類ではここらへん。

管理人
最近の分類では、竜脚形亜目と獣脚亜目の中間くらいに分類する研究者もいます。

竜脚形亜目に含まれる恐竜は、初期の仲間はエオラプトルのような二足歩行の小型恐竜で、完全な植物食に移行するにつれ、大きな消化タンクをお腹に備えるために体が大きくなり、重い体重を支えるために二足歩行から四足歩行になっていきます。

首も、広範囲の植物に届くようにどんどん長~く進化していきます。

エオドロマエウスとよく似ているのはなぜ?

エオラプトルが生きていた時代は今から三畳紀後期で、エオドロマエウス(最古の獣脚類)と同じです。

エオラプトルとエオドロマエウスは別グループの恐竜で、
エオラプトルは、ディプロドクスやアパトサウルスなどの大型植物食恐竜のグループ、
エオドロマエウスは、アロサウルスやティラノサウルスなどの肉食恐竜のグループです。

別グループですが、エオラプトルもエオドロマエウスもよく似た姿をしています。

エオドロマエウス、恐竜出現からまもない頃の最古の獣脚類

エオドロマエウス エオドロマエウスは、恐竜の祖先が現れてまもない時代のごく初期の恐竜で、最古の獣脚類のひとつです。 アルゼンチンから見つかっています。 エオドロマエウス 学名:Eodromaeus m ...

続きを見る

なぜでしょう??。

恐竜上目(恐竜類)は現れて間もなく、2グループに枝分かれしました。

鳥盤目(鳥盤類)と竜盤目(竜盤類)です。

竜盤目はさらに、竜脚形亜目(竜脚形類)と獣脚亜目(獣脚類)に枝分かれしました。

エオラプトルは最古の竜脚形亜目、エオドロマエウスは最古の獣脚亜目です。

どちらの種類も共通の祖先から枝分かれして間もないので、似た姿なのです。

エオラプトルの体

エオラプトルは発見当初、最古の獣脚類(肉食恐竜)だと考えられていました。

エオラプトルの全身。

肉食恐竜のエオドロマエウスに比べると、首がやや長く、カギ爪なども小さめで、全体的にマイルドなスタイルです。

福井県立恐竜博物館では両種が並んで展示されているので、ぜひ比べてみてください。
 
 
エオラプトルの頭骨。

エオドロマエウスとの比較から、
歯の数(下あごよりも上あごの方が歯が多い)、肉食にしては鋸歯(きょし:歯のふちのギザギザ)が大きいなど、植物食に向いた特徴が多いことがわかりました。

上あごの奥歯に鋸歯がありますが、その他の歯は木の葉型の歯で、植物の他にも、昆虫や小型爬虫類なども食べた雑食だったと考えられています。

エオラプトルの後肢。

エオラプトルの後肢は5本指で、第五指(小指)は退化して小さくなっています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク

-竜脚形類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2020 All Rights Reserved.