竜脚形類

エウヘロプス、北京原人の発見者が見つけた中国で最初に学名のついた竜脚類

更新日:



エウヘロプス(ユーヘロプス)

エウヘロプスは、ジュラ紀前期の中国にすんでいた竜脚類です。

現在では中国からたくさんの有名な竜脚類(オメイサウルス、マメンチサウルス、シュノサウルス、チャオワンロンなど)が見つかっていますが、

中国で一番最初に学名がつけられた竜脚類はエウヘロプスです。


エウヘロプス(ユーヘロプス)
学名:Euhelopus zdanskyi(エウヘロプス・ツダンスキィ)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 竜盤目 竜脚形亜目 竜脚下目 ティタノサウルス形類 エウヘロプス科
時代:中生代 白亜紀前期
体長:推定10m
発掘地:中国 山東省 蒙陰群
学名の意味:とっても沼地向けの足(エウ=とても良い、ヘロ=沼地、プス=足)

進化型の竜脚類

エウヘロプスは白亜紀前期(アプチアン:約1億2500万年前~約1億1300万年前)の中国にすんでいた竜脚類です。

最大体長12m、推定体重4t~7.5t。竜脚類としてはあまり大きくありません。

エウヘロプスは、竜脚類の中でもっとも進化的なグループである「ティタノサウルス形類」に分類されています。

頚椎(けいつい:首の骨)の関節部が上下に伸長するという中国産の竜脚類(マメンチサウルスやオメイサウルスなど)にしか見られない特徴を持っているため、ティタノサウルス類はアジアが起源である、とする説の根拠にもなっています。

エウヘロプス発見の歴史

エウヘロプスは、中国で一番最初に学名がつけられた竜脚類として有名で、最初の化石(産地不明)は1913年に発見されています。

1923年にオーストリアの古生物学者オット・ツダンスキーが産地を突き止め、現在知られているエウヘロプスの化石を発見しました。

ツダンスキーはこの発掘調査以前に北京原人の歯を発見するという大偉業を成し遂げていたため、エウヘロプスの化石の研究をすることができず、1929年スウェーデンのウプサラ大学の古脊椎動物学者、カール・ウィマンが化石を研究し「ヘロプス・ツダンスキィ」という学名で発表しました。

後に、ヘロプス(沼の足)という学名がすでに使用されていたため、エウヘロプス(とっても沼地向けの足)に改名されました。

エウヘロプスの特徴

エウヘロプスの頭骨です。鼻の穴が大きく、眉間のあたりにあります。

口先は他の竜脚類には見られない独特の形をしています。

エウヘロプスの歯です。

歯はブラキオサウルスの歯のような、真ん中に窪みのあるスプーン状で、歯のフチで植物をちょんぎって丸呑みしていたようです。

エウヘロプスの背骨です。

胴椎(どうつい:背骨)の神経弓(しんけいきゅう)を横から見るとアルファベットの「K」が見えるというオリジナルな特徴を持ちます。

エウヘロプス描いてみた

エウヘロプスを描いてみました。
首が長めで、頭骨がとても小さく、口先が広がっています。

前肢が後肢よりも少し長いので、やや腰が下がっています。

右後肢の化石が見つかっていて、少なくとも体の内側にある第一指、第二指に爪があったようです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク

-竜脚形類
-, , ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.