竜脚形類

フクイティタン、体長10m、意外に小さい福井の竜脚類

更新日:



フクイティタン

フクイティタンは白亜紀前期の日本にすんでいた竜脚類です。

竜脚類の中では進化型のティタノサウルス類に近い仲間ですが、ティタノサウルス類に一歩手前の原始的な仲間です。

体長10m、竜脚類としてはあまり大きくありません。


フクイティタン
学名:Fukuititan nipponensis(フクイティタン・ニッポネンシス)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 竜盤目 竜脚形亜目 竜脚下目 ティタノサウルス形類
時代:中生代 白亜紀前期
体長:推定10m
発掘地:日本 福井県 勝山市
学名の意味:福井の巨人

名前のわりに小さい

フクイティタンは、白亜紀前期の中頃(バレミアン:約1億2940万年前~約1億2500万年前)の日本にすんでいた竜脚類です。

福井県立恐竜博物館のフクイティタンの復元模型です。

推定体長10m、推定体重5t~10t、学名は”巨人”ですが竜脚類としてはあまり大きくありません。

フクイティタンの化石

フクイティタンの分類は、ティタノサウルス形類(ティタノサウルス類一歩手前の原始的なティタノサウルス類)です。

管理人
ティタノサウルス類は竜脚類の中では最後に現れた進化型のグループです。

3本の歯、一個の頚骨、大腿骨や上腕骨など、部分的な骨が約20個ほどしか見つかっていません。

福井県立恐竜博物館に展示されているフクイティタン。

レプリカではなく本物の化石がゴロンと転がっています。

坐骨(ざこつ)の先端が広がっている、中手骨が長い、という、他のティタノサウルス形類と違う特徴を持ちながら、尾椎の先の神経弓の位置がティタノサウルス形類と同じく前方に寄っている、という特徴から新種のティタノサウルス形類とされ、2010年、日本で見つかった竜脚類では始めて学名がつけられました。

管理人
フクイティタンの歯はスプーン型です。ティタノサウルス形類よりも原始的な竜脚類(ブラキオサウルス)よりは幅が狭く、他のティタノサウルス形類よりは幅が広いという特徴があります。

フクイティタン描いてみた

フクイティタンを描いてみました。少し下から見上げるような角度です。

竜脚類としては小さい方ですが、肩までの高さは2~3mはあります。

中手骨(ちゅうしゅこつ:手の甲の骨)が長く、肘から手首までの長さの半分くらいの長さです。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク

-竜脚形類
-, , ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.