絶滅哺乳類

ハラミヤ、最古の植物食の哺乳形類

更新日:




ハラミヤ

ハラミヤは、中生代 三畳紀後期のフランスにすんでいた哺乳形類です。

現在見つかっている、最古の植物食の哺乳形類です。


ハラミヤ
学名:Haramiya sp.(ハラミヤの一種)
分類:単弓綱 哺乳形類 ハラミヤ目
時代:中生代 三畳紀後期
体長:10~15cm
発掘地:フランス
学名の意味:小さなドロボウ

最古の植物食の哺乳形類

ハラミヤは、中生代 三畳紀後期(2億年ほど前)のフランスにすんでいた哺乳形類です。

体長は15cmほどで、四肢は体の横に張り出し、腹ばいのモグラのような姿だったと考えられています。

地面に穴を掘ってくらしていたのかもしれません。

哺乳類の祖先グループから哺乳類へと分岐した頃の動物で、歯の形から、最古の植物食の哺乳形類と考えられています。

おいしそうなの見つけたので、噛み切りたいハラミヤ。がんばる。

昆虫を探し回って追いかけるよりも、いつでもどこでも食べたいときに大量に手に入る植物に目をつけた、最初の哺乳形類、ともいえます。

植物は逃げたり反撃したりしませんからね。
 
 
あっ、反撃されてる・・。







-絶滅哺乳類
-,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.