恐竜以外の爬虫類

ティロサウルス、ウエスタンインテリアシーウェイにすんだ大型モササウルス類

更新日:



ティロサウルス

ティロサウルスは、白亜紀後期の北アメリカ大陸中央部に広がっていた海、ウエスタンインテリアシーウェイにすんでいた大型のモササウルス類です。

推定体長14m、最大の頭骨は長さ約1.8mあります。


ティロサウルス(頭骨)
学名:Tylosaurus proriger(ティロサウルス・プロリゲル)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 鱗竜目 トカゲ亜目 モササウルス科 ティロサウルス亜科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:推定体長14m、頭骨1.8m
発掘地:アメリカ カンザス州
学名の意味:ふくらんだトカゲ

白亜紀後期の大型モササウルス類

ティロサウルスは、白亜紀後期(カンパニアン:約8360万年前~約7210万年前)の海にすんでいたモササウルス類です。

当時、北アメリカ大陸を東西に分断して広がっていた海、ウエスタンインテリアシーウェイ(西部内陸海道)にすんでいました。

白亜紀の大陸配置についてはこちら。

中生代で最も長かった白亜紀、恐竜の多様化と絶滅の時代

白亜紀ってどんな時代? 白亜紀は中生代の最後の時代で、今から約1億4500万年~約6600万年前までの約7900万年間です。 白亜紀という名前の由来は、フランスのこの時代の地層に白亜(チョーク)が多く ...

続きを見る

ティロサウルスの最大体長は推定14m。

この化石は福井県立恐竜博物館で展示されていたティロサウルスで、カンザス州のニオブララ層から見つかったもの。

バンカー(Bunker)という愛称が付けられた個体で、見つかっている頭骨はティロサウルスの中で最も大きく、約1.8mあります。

モササウルス類は恐竜じゃないよ

ティロサウルスの含まれるモササウルス類は爬虫類(爬虫網)の仲間ですが、
同じ爬虫類でも恐竜やワニとはかなり離れた遠い親戚で、トカゲやヘビに近い親戚です。

爬虫類の分類を簡単に説明すると、
爬虫類(爬虫網)は、ずーっと昔に大きく2系統(主竜類と鱗竜類)に分かれて進化しました。

主竜類(しゅりゅうるい:主竜形類)には、カメ、ワニ、恐竜、翼竜などが含まれ、
鱗竜類(りんりゅうるい:鱗竜形類)には、クビナガリュウ、ムカシトカゲ、トカゲ、ヘビ、そしてモササウルスが含まれます。

モササウルス類は恐竜よりもトカゲやヘビに近い仲間なので、別名「海トカゲ」とも呼ばれ、トカゲの仲間のうちでも、コモドオオトカゲ(コモドドラゴン)に近いとされています。

珍獣ハンターイモトが追いかけっこしたトカゲはコモドオオトカゲ。

小さく見えるけど、コモドオオトカゲは体長2~3m、最大体重70kgにもなります。

photo by :pixabay
イモトさんはスゴイと思う。

管理人
イクチオサウルスなどの魚竜類は、この2系統が枝分けれするよりも古い時代にすでに現れているので主竜類にも鱗竜類にも含まれません。

何を食べていた?

ティロサウルスの頭骨です。
大きな鋭い歯が口先から奥まで並んでおり、上アゴの天井の奥にも特別な歯があります。(白丸)

上アゴの天井にある歯は翼状骨歯(よくじょうこつし)と呼ばれる歯で、翼状骨(よくじょうこつ)と呼ばれる土台の骨(歯槽)に埋まって生えているちゃんとした歯です。

モササウルス類は、普通のアゴの歯と同じ構造を上アゴの天井にも作っちゃったわけですね。すごい捕食者です。

管理人
翼状骨についてはホントに歯なのか似たつくりの骨なのか判断がつかなかったのでTwitterで教えていただきました。ありがとう!!

獲物に噛み付いて食いちぎりそうに見えますが、大きな歯や上アゴの翼状骨歯は獲物を逃がさないために使ったようです。

ティロサウルスの胃の周辺から見つかった獲物の化石には噛みちぎられた痕跡がほとんど残っていないことから、獲物は噛まずに丸呑みしていたと考えられています。

胃の周辺から見つかったのは、魚のほか、サメ、クリダステス(モササウルス類)、クビナガリュウ類、ヘスペロルニス(鳥類)です。

トカゲやヘビには自分よりも大きな獲物でも丸呑みできるほどアゴを大きく開けるしくみを持っているので、近い仲間のモササウルス類も丸呑みが得意だったのかもしれません。

上あごの天井にある翼状骨歯は、丸呑みした得物をノド奥に送るために使ったのかも。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク

-恐竜以外の爬虫類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.