絶滅哺乳類

ハラミヤ、最古の植物食の哺乳形類

ハラミヤ

ハラミヤは、中生代 三畳紀後期のフランスにすんでいた哺乳形類です。

現在見つかっている、最古の植物食の哺乳形類です。


ハラミヤ
学名:Haramiya sp.(ハラミヤの一種)
分類:単弓綱 哺乳形類 ハラミヤ目
時代:中生代 三畳紀後期
体長:10~15cm
発掘地:フランス
学名の意味:小さなドロボウ

最古の植物食の哺乳形類

ハラミヤは、中生代 三畳紀後期(2億年ほど前)のフランスにすんでいた哺乳形類です。

体長は15cmほどで、四肢は体の横に張り出し、腹ばいのモグラのような姿だったと考えられています。

地面に穴を掘ってくらしていたのかもしれません。

哺乳類の祖先グループから哺乳類へと分岐した頃の動物で、歯の形から、最古の植物食の哺乳形類と考えられています。

おいしそうなの見つけたので、噛み切りたいハラミヤ。がんばる。

昆虫を探し回って追いかけるよりも、いつでもどこでも食べたいときに大量に手に入る植物に目をつけた、最初の哺乳形類、ともいえます。

植物は逃げたり反撃したりしませんからね。
 
 
あっ、反撃されてる・・。

おすすめ記事

1

アウロラケラトプス アウロラケラトプスは白亜紀前期の中国にすんでいた角竜類です。 あるんだかないんだか分からないくらいのフリルを持つ2足歩行の角竜類です。 角竜類のなかでも、原始的な仲間から少しだけ進 ...

2

トロオドン トロオドンは中生代 白亜紀後期の北アメリカにすんでいた獣脚類です。 恐竜類の中で最も鳥類に近いとされるトロオドン科の代表種で、営巣の方法も鳥類に近い習性を持っていたようです。 もくじ1 ト ...

3

フクイラプトル フクイラプトルは、白亜紀前期の日本にすんでいた肉食恐竜です。 名前に「ラプトル」とつきますがヴェロキラプトルなど(ドロマエオサウルス類)の仲間ではなく、アロサウルスに近い「ネオベナトル ...

-絶滅哺乳類
-,

© 2020 ひとり古生物祭り