古生代の生物 単弓類

エステメノスクス、ペルム紀末の大量絶滅で滅んだ単弓類

広告

エステメノスクス

エステメノスクスは、「古生代 ペルム紀後期(2億5200万年前)」の東ヨーロッパやロシアにすんでいた単弓類です。

体長は4m、大きくて長い頭骨は長さ70cmにもなり、頭骨は派手な角やコブで飾られていました。

単弓類のうち、「獣弓類 ディノケファルス亜目」に分類されます。


エステメノスクス
分類:単弓綱 獣弓目 ディノケファルス亜目 エステメノスクス科
学名:Estemmenosuchus mirabilis(エステメノスクス・ミラビリス)
体長:推定4m
発掘地:ロシア
時代:古生代 ペルム紀後期(2億5200万年前)
学名の意味:かんむりのワニ

初期の獣弓類

エステメノスクスは、「古生代 ペルム紀後期(2億5200万年前)」の東ヨーロッパとロシアにすんでいた単弓類です。

単弓類(単弓網)のうち、「獣弓類 ディノケファルス亜目」に分類されます。

「ディノケファルス類」は、別名「恐頭類(きょうとうるい)」とも呼ばれ、大きな犬歯を持たないかわりに、コブ、角、石頭などで大きな頭骨を飾っていた植物食の単弓類です。

エステメノスクスは、「ディノケファルス類」の初期の仲間です。

ほんとに初期の仲間なんだか・・けっこうな貫禄で、体長は4m。

大きくて長い頭骨は長さ70cmにもなり、頭骨は派手な角とコブで飾られています。

エステメノスクス、頭骨。

大きな犬歯が無いかわりに、大小大きさの異なる尖った歯がたくさんあります。

水辺にすみ、尖った歯のフチを使って植物を切り刻み、ほぼ噛まずに飲み込んでいたと考えられています。

管理人
エステメノスクスの含まれるディノケファルス類は、「ペルム紀末の大量絶滅」を生き残ることができず、絶滅しています。


広告



オヌヌメ記事

1

リカエノプス(リケノプス) リカエノプスは、古生代 ペルム紀後期の南アフリカにすんでいた単弓類です。 大きな犬歯が特徴の肉食性の単弓類で、当時の単弓類としては走るのが得意だった、とされています。 リカ ...

2

エオドロマエウス エオドロマエウスは、恐竜の祖先が現れてまもない時代のごく初期の恐竜で、最古の獣脚類のひとつです。 アルゼンチンから見つかっています。 エオドロマエウス 学名:Eodromaeus m ...

3

ケラトサウルス ケラトサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカにすんでいた肉食恐竜です。 顔面に3つのツノ状の突起があり、前肢の指は4本、背中に装甲が並んでいるという、オリジナルな特 ...

4

カマラサウルス カマラサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカにすんでいた大型の竜脚類です。 竜脚類代表のような恐竜ですが、調べると意外に知らなかったことが多いです。 もくじ1 カマラサウルス1.1 カマ ...

-古生代の生物, 単弓類
-,