絶滅哺乳類

メリコイドドン、原始的な絶滅偶蹄類

メリコイドドン
分類:哺乳網 鯨偶蹄目 反芻類 オレオドン科(メリコイドドン科)
学名:Merycoidodon gracilis(メリコイドドン・グラキリス)
体長:1m
時代:新生代 古第三紀 始新世後期~漸新世前期
生息地:北アメリカ サウスダコタ州

メリコイドドン

メリコイドドンは、約3100万年ほど前の北アメリカにすんでいた哺乳類です。

体長1mほどのヒツジサイズの偶蹄類で、たくさんの化石が見つかっています。

鯨偶蹄目のうちの絶滅グループ、オレオドン科の仲間です。

ヒツジサイズの絶滅偶蹄類

メリコイドドンは、新生代 古第三紀 始新世後期~古第三紀 漸新世前期(約3100万年~約3500万年前)頃の北アメリカにすんでいた哺乳類です。

同時はポピュラーな植物食動物だったようで、サウスダゴタ州のバッドランド(荒地)からたくさんの化石が見つかっています。

体長1mほどのヒツジサイズの偶蹄類で、疎林や草原にすんでいたとされ、歯は丈が低く(低冠歯:ていかんし)で、すり減りに対応していません。

地面の草よりも木葉を好んだのかもしれません。

分類

メリコイドドンは、鯨偶蹄目(偶蹄類)のうち、絶滅したグループ「オレオドン科(メリコイドドン科)」に含まれています。

「オレオドン科」は、以前は猪豚亜目(イノシシの仲間)に近いグループとされていました。

現在では、現生の偶蹄類に近い仲間はおらず、子孫を残さずに滅んだグループと考えられています。

学名のメリコイドドンとは『反芻(はんすう)する歯』の意です。

分類的には反芻類(反芻する偶蹄類)と共通の祖先から枝分かれしているので、反芻類に含まれていますが、実際に反芻したかどうかはわかっていません。

管理人
反芻(はんすう)とは、一度飲み込んだ植物を吐き戻して噛みなおし、再度飲み込む行動です。
現生では、ウシ、キリン、シカなどが反芻します。同じ偶蹄類でもカバやイノシシは反芻しません。
ラクダは反芻しますが、他の反芻類が持っているような複雑な胃を持たない原始的な反芻類です。

メリコイドドンの化石

メリコイドドンの化石です。
前足を枕にして丸まった状態のまま化石となっているので、イノシシやヒツジよりも柔軟な体だったようです。

胴が長く短い脚。前肢は5本指、後肢は4本指です。尻尾は胴と同じくらい長いです。

メリコイドドンの頭骨。口には小さい牙(犬歯)があります。

牙は当時の偶蹄類の流行だったようで、やがて流行は牙から角にシフトしていきます。

こちらもメリコイドドンの化石です。

大きい2匹は成体、右端下の細かいのは生まれてまもない幼体4匹です。

オス、メスとその子供とすれば親子か、もしかしたら群れの仲間なのかもしれません。

何か理由があって逃げるまもなく埋まったのでしょう。

おすすめ記事

1

アウロラケラトプス アウロラケラトプスは白亜紀前期の中国にすんでいた角竜類です。 あるんだかないんだか分からないくらいのフリルを持つ2足歩行の角竜類です。 角竜類のなかでも、原始的な仲間から少しだけ進 ...

2

トロオドン トロオドンは中生代 白亜紀後期の北アメリカにすんでいた獣脚類です。 恐竜類の中で最も鳥類に近いとされるトロオドン科の代表種で、営巣の方法も鳥類に近い習性を持っていたようです。 もくじ1 ト ...

3

フクイラプトル フクイラプトルは、白亜紀前期の日本にすんでいた肉食恐竜です。 名前に「ラプトル」とつきますがヴェロキラプトルなど(ドロマエオサウルス類)の仲間ではなく、アロサウルスに近い「ネオベナトル ...

-絶滅哺乳類
-,

© 2020 ひとり古生物祭り