新生代の生物 絶滅哺乳類

プロディノケラス、角を持たない恐角類

広告

プロディノケラス

プロディノケラスは、新生代 古第三紀 暁新世後期~始新世後期の中国、モンゴル、北アメリカにすんでいた大型植物食動物です。

恐ろしげな角や突起が特徴の「恐角目(きょうかくもく)」という、絶滅した哺乳類グループに分類されますが、プロディノケラスは角も突起も持っていませんでした。


プロディノケラス
分類:哺乳綱 恐角目 ウインタテリウム科
学名:Prodinoceras turfanense(プロディノケラス・トゥルファネンセ)
体長:2m
時代:新生代 古第三紀 暁新世後期
分布:中国 新疆ウイグル自治区
学名の意味:最初の恐ろしい角

初期の大型植物食動物

プロディノケラスは、古第三紀 暁新世後期~始新世後期の中国、モンゴル、北アメリカにすんでいた大型植物食動物です。

「恐角目(きょうかくもく)」という、絶滅したグループに分類されます。
「恐角目」には、6本の角状の突起と大きな牙を持つウインタテリウムも含まれます。

プロディノケラスには角も突起もありませんでしたが、大きな牙を持っています。

モンゴルから見つかった種類はかつてモンゴロテリウムと呼ばれていましたが、プロディノケラスと同じ種類だとされています。


広告



オヌヌメ記事

1

リカエノプス(リケノプス) リカエノプスは、古生代 ペルム紀後期の南アフリカにすんでいた単弓類です。 大きな犬歯が特徴の肉食性の単弓類で、当時の単弓類としては走るのが得意だった、とされています。 リカ ...

2

エオドロマエウス エオドロマエウスは、恐竜の祖先が現れてまもない時代のごく初期の恐竜で、最古の獣脚類のひとつです。 アルゼンチンから見つかっています。 エオドロマエウス 学名:Eodromaeus m ...

3

ケラトサウルス ケラトサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカにすんでいた肉食恐竜です。 顔面に3つのツノ状の突起があり、前肢の指は4本、背中に装甲が並んでいるという、オリジナルな特 ...

4

カマラサウルス カマラサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカにすんでいた大型の竜脚類です。 竜脚類代表のような恐竜ですが、調べると意外に知らなかったことが多いです。 もくじ1 カマラサウルス1.1 カマ ...

-新生代の生物, 絶滅哺乳類
-,