恐竜・鳥脚類

サウロロフス、後頭部に刺さったようなトサカを持つハドロサウルス類

サウロロフス

サウロロフスは、白亜紀後期のアジアやカナダにすんでいたハドロサウルス類(カモノハシ竜)です。

後頭部に棒が突き刺さったようなトサカを持つのが特徴です。


サウロロフス
学名:Saurolophus sp.(サウロロフスの一種)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 ハドロサウルス科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:10.6m
発掘地:モンゴル
学名の意味:トサカのトカゲ

後頭部に棒状のトサカ

サウロロフスは白亜紀末期(マーストリヒチアン:約7210万年前~約6600万年前)のアジアとアメリカにすんでいた大型のハドロサウルス類です。

最大体長12m、推定体重3500kg~7000kgで、後頭部にブッスリ刺さったような、棒状のトサカを持つのが特徴です。

画像はアジア(モンゴル)のサウロロフスです。

トサカは空洞になっておらず、中まで骨です。

異性へのアピールや、仲間の識別に使われたとすれば、目立つ色やニワトリのトサカみたいなプルプルが付いていたかもしれません。

トサカは鼻の穴にはつながっていないので、鳴き声を響かせるための器官として鼻袋なんかを装備していたかもね。

おすすめ記事

1

アウロラケラトプス アウロラケラトプスは白亜紀前期の中国にすんでいた角竜類です。 あるんだかないんだか分からないくらいのフリルを持つ2足歩行の角竜類です。 角竜類のなかでも、原始的な仲間から少しだけ進 ...

2

トロオドン トロオドンは中生代 白亜紀後期の北アメリカにすんでいた獣脚類です。 恐竜類の中で最も鳥類に近いとされるトロオドン科の代表種で、営巣の方法も鳥類に近い習性を持っていたようです。 もくじ1 ト ...

3

フクイラプトル フクイラプトルは、白亜紀前期の日本にすんでいた肉食恐竜です。 名前に「ラプトル」とつきますがヴェロキラプトルなど(ドロマエオサウルス類)の仲間ではなく、アロサウルスに近い「ネオベナトル ...

-恐竜・鳥脚類
-, ,

© 2020 ひとり古生物祭り