おすすめ記事

1

バガケラトプス バガケラトプスは、白亜紀後期のモンゴルにすんでいた小型の角竜類です。 体長1mほどでかなり小型ですが原始的な角竜類ではなく、プロトケラトプスに近い仲間です。 バガケラトプス(幼体の頭骨 ...

2

ビスタヒエバーソー(ビスタヒエヴェルソル) ビスタヒエバーソーは白亜紀後期の北アメリカにすんでいたティラノサウルス類です。 ほぼ完全な頭骨、亜成体、不完全な頭骨しか見つかっていません。 ティラノサウル ...

3

フクイラプトル フクイラプトルは、白亜紀前期の日本にすんでいた肉食恐竜です。 名前に「ラプトル」とつきますがベロキラプトルなど(ドロマエオサウルス類)の仲間ではなく、アロサウルスに近い「ネオベナトル科 ...

4

エルラシア エルラシアは三葉虫(さんようちゅう)の一種で、古生代 カンブリア紀(約5億4100万年前~約4億8540万年前)の浅い海にすんでいました。 カンブリア紀の三葉虫の特徴として、体が平べったく ...

5

シノサウルス シノサウルスは、ジュラ紀前期の中国にすんでいた獣脚類です。 鼻ヅラに、真っ二つに叩き割ったお皿を突き刺したような2枚のトサカあります。 北アメリカの「ディロフォサウルス」と同属とされてい ...




Copyright© ひとり古生物祭り , 2020 All Rights Reserved.