古生代

古生代カンブリア紀、食物連鎖が始まった時代

更新日:




古生代 カンブリア紀はどんな時代?

古生代の最初の時代、約5億4100万年前~約4億8540万年前がカンブリア紀です。

カンブリア紀は、この地層が調査されたイギリスのウェールズ地方に住んでいた「キムル族(ラテン語でカンブリア)」に由来して、カンブリア紀と呼ばれます。

食う食われるという食物連鎖が始まった時代で、多様な生物群が化石として残るようになった最初の時代です。

カンブリア紀の大陸配置とカンブリア紀の生物

カンブリア紀の大陸配置とカンブリア紀の生物を描いてみました。
クリックすると拡大します。


参照:ポプラディア図鑑 WONDA大昔の生きもの

カンブリア紀に限らず、古生代の大陸配置は現在とは全然違います。
現在の6大陸の大陸配置に近くなる(なんとなくどこの大陸だかわかるレベル)のは、中生代 白亜紀になってからです

カンブリア紀には多くの大陸は南半球にかたよっていて、南極にも北極にも氷河はなく地球全体が暖かでした。

陸地にはまだ植物は上陸していません。生物はすべて海の中にいました。

カンブリア大爆発

カンブリア紀には初めて、硬い殻やトゲを持った生物、目を持った生物が現れ、食う食われるという食物連鎖が始まりました。

生物の種類が(化石記録として)爆発的に増えたように見えることから、この時代の生物の多様性は、「カンブリア大爆発」と呼ばれています。

無脊椎動物のほとんどのグループがカンブリア紀末までに現れていて、無脊椎動物の中では特に、アノマロカリスや三葉虫などに代表される節足動物の仲間が大繁栄しました。

カンブリア紀最大最強の捕食者、アノマロカリス。大きいもので体長1mほど。

管理人
アノマロカリスの仲間はカンブリア紀に現れ、デボン紀に絶滅しています。

脊椎動物は、脊椎動物の先祖とされるピカイアやアゴの無い原始的な魚類がようやく現れました。
脊椎(せきつい)の元になった脊索(せきさく)を持つ動物、ピカイア。

最古の魚類、ミロクンミンギア。アゴを持たず、ウコロも持たない最古の魚です。







-古生代
-,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.