恐竜類

デイノニクス、ジュラシックパークのラプトルのモデル?

更新日:




デイノニクス

デイノニクスは、白亜紀前期の北アメリカにすんでいた肉食恐竜です。

大きいものは体長4mほどで、決して大型恐竜ではありませんが、後肢に飛び出しナイフのような大きなカギ爪『恐ろしい爪』を持っているのが特徴です。

映画「ジュラシックパーク」シリーズで、『ラプトル』と呼ばれている恐竜のモデルになった恐竜です。


デイノニクス
学名:Deinonychus antirrhopus(デイノニクス・アンティルロプス)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 竜盤目 獣脚亜目 ドロマエオサウルス科
時代:中生代 白亜紀前期
体長:2.7m
発掘地:アメリカ ワイオミング州
学名の意味:恐ろしい爪(デイノ=恐ろしい、ニクス=爪)

鳥類に近い恐竜グループ

デイノニクスは、白亜紀前期の北アメリカにすんでいた肉食恐竜で、体長は4mほど。

後肢に『恐ろしい爪』を持っているのが特徴です。

デイノニクスの含まれる「ドロマエオサウルス類」は、鳥類の祖先に近い恐竜グループです。

デイノニクスの羽毛化石はまだ見つかっていませんが、ドロマエオサウルス類はすべて羽毛で覆われていたと考えられています。

また、ドロマエオサウルス類は進化するにつれ小型化する傾向があり、腕が長くなり羽ばたいて飛ぶことができる仲間もいました。

映画のモデルはデイノニクス

デイノニクスは、映画ジュラシックパークやロストワールドにも出演している、有名恐竜です。

『ラプトル』じゃないかって?。

映画では「ラプトル」とか、「ベロキラプトル」と呼ばれていますが、姿のモデルになったのは、デイノニクスです。

ベロキラプトルは頭が細長くて上下に扁平なので迫力のある絵にならないとか・・。

恐ろしい爪

デイノニクスの学名は、「恐ろしい爪」という意味です。

学名の由来にもなった恐ろしい爪は、どこに生えてる爪かご存知ですか?。

デイノニクスの後肢は4本指で、第二指(人差し指)がいちばん大きいカギ爪になっています。

この爪が「恐ろしい爪」で、爪は150度も振り下ろすことが可能でした。

真ん中の指は第三指(中指)、隣は第四指(薬指)です。
第一指(親指)は小さくなっていて、後方に向いています。

足跡の化石から、歩いたり走ったりするときには、第二指のカギ爪を持ち上げて歩いていたことが分かっています。

指を持ち上げて走るなんて、バランスが悪くて走りにくそうな気がしますが、時速40kmで走ることができたと推測されています。

恐竜界の最速はオルニトニムスの60km、ティラノサウルスは時速20km程度なので、時速40kmのデイノニクスは、かなりのスピードハンターです。

恐ろしい戦闘能力

デイノニクスの正面顔。

眼窩(目の穴)が、おもいっくそ前を向いています。

立体視ができたということは、獲物は動く生き物です。

獲物との距離を測りながら、追い詰めたら、長~い前肢で・・

何ゆえこんなに腕が長いかというと、

デイノニクスが前肢で獲物を掴むか、食いついて獲物に飛びかかったとしましょう。

後肢のカギ爪を使うには、後肢を振り上げないといけないわけです。

カギ爪を力いっぱい食い込ませたいなら、大きく振り上げたほうがいいわけで・・

前肢が長いほうが、大きく振り上げるための距離が取れるわけです。
(密着してたら後肢があげにくい)

群れて獲物に襲い掛かれば、大型の竜脚類も仕留められそうですが、デイノニクスが群れをつくって狩りをしていたかどうかは、まだ分かっていません。

↓このデイノニクスの模型は、
アメリカの有名な恐竜模型作家スティーブン・ツェルカス氏によるもので、
ワニやトカゲの筋肉のつき方を研究して造られたものだそうです。

ダチョウ倶楽部でーす。ヤー!!!

 
 
ごめん。
 
獲物に飛びかかる寸前のデイノニクスの迫力!。







-恐竜類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.