恐竜・鳥脚類

バクトロサウルス、原始的なハドロサウルス類か?、ちょっとイグアノドン寄り。

バクトロサウルス

バクトロサウルスは、白亜紀後期の中国にすんでいた植物食恐竜です。

同じ地層から、アーケオルニトミムスも発見されています。


バクトロサウルス
学名:Bactrosaurus johnsoni(バクトロサウルス・ジョンソニ)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 ハドロサウルス科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:4.5m
発掘地:中国 内モンゴル自治区
学名の意味:棍棒(こんぼう)トカゲ

イグアノドンじゃないよ

バクトロサウルスは白亜紀後期(カンパニアン:約8360万年前~約7210万年前)の中国にすんでいたハドロサウルス類です。

最大体長6.2m、推定体重1.2t、あまり大きくありません。

ヒトと比べるとこれくらい。

ハドロサウルス科に含まれていますが、ハドロサウルス科の初期の仲間なので、イグアノドン+ハドロサウルス(ちょっとイグアノドン寄り)な姿をしています。

分類は今のところ、ここらへん。

管理人
バクトロサウルスは、進化したイグアノドン類に分類されたり、原始的なハドロサウルス類に分類されたりします。

一つの歯槽に3本の歯が縦に並んでいる(イグアノドン類は縦に2本)、上あごの歯が小さくなりつつあり(ハドロサウルス類は口先に歯が無い)、イグアノドン類が持つ親指のスパイクが無いという特徴があります。

イグアノドンに似ていたとしたら、たぶんウマヅラ。

白亜紀後期の中国。
バクトロサウルスと同じ地層からはアーケオルニトミムスも見つかっているので、もしかしたら昆群を作っていたかもしれません。

肉食恐竜の気配に気づいたアーケオルニトミムス、逃げる2秒前。

バクトロサウルス、気づかずムシャムシャ。

おすすめ記事

1

アウロラケラトプス アウロラケラトプスは白亜紀前期の中国にすんでいた角竜類です。 あるんだかないんだか分からないくらいのフリルを持つ2足歩行の角竜類です。 角竜類のなかでも、原始的な仲間から少しだけ進 ...

2

トロオドン トロオドンは中生代 白亜紀後期の北アメリカにすんでいた獣脚類です。 恐竜類の中で最も鳥類に近いとされるトロオドン科の代表種で、営巣の方法も鳥類に近い習性を持っていたようです。 もくじ1 ト ...

3

フクイラプトル フクイラプトルは、白亜紀前期の日本にすんでいた肉食恐竜です。 名前に「ラプトル」とつきますがヴェロキラプトルなど(ドロマエオサウルス類)の仲間ではなく、アロサウルスに近い「ネオベナトル ...

-恐竜・鳥脚類
-, ,

© 2020 ひとり古生物祭り