単弓類

ディメトロドン、ペルム紀の肉食性の単弓類は短足でデカイ顔

更新日:




ディメトロドン

ディメトロドンは古生代 ペルム紀前期に繁栄していた単弓類です。

大きくて長い顔、体の横に張り出した四肢、長い尾など、爬虫類に似た特徴をたくさん持っていますが、役割の違う2種類の歯を持っているところは哺乳類に似ています。

ディメトロドンという学名の意味も「2つの手段の歯」という意味です。


ディメトロドン
学名:Dimetrodon limbatus(ディメトロドン・リンバタス)
分類:単弓綱 盤竜目 スフェナコドン科
時代:古生代 ペルム紀前期
体長:1.7m~3.3m
発掘地:北アメリカ テキサス
学名の意味:2つの手段の歯

初期の単弓類

ディメトロドンは古生代 ペルム紀前期(約3億年前)に、北アメリカやヨーロッパにすんでいた肉食性の単弓類です。

体長は1.7m~最大3.3mと、バラつきがありました。

ディメトロドンの含まれる「盤竜目(ばんりゅうもく)」は、単弓類の中では初期に現れた原始的な種類で、ディメトロドンは盤竜目のうちの肉食性グループである「スフェナコドン科」の仲間です。

管理人
スフェナコドン科の仲間で帆を持つのはディメトロドンだけです。

ディメトロドンの頭骨。

いかにも肉食動物らしい大きな頭、頑丈なアゴ、口先には犬歯があります。

役割の違う2種類の歯を持っているところは哺乳類に似ています。
犬歯で突き刺してトドメを刺し、するどく尖った頬歯で食いちぎっていたのでしょう。

ディメトロドン dimetrodonサイズ:33cm

価格:2,052円
(2018/10/18 20:05時点)

背中の帆は背骨の一部が長く伸びた棘突起(きょくとっき)に血管の通った皮膚が張られていた、と考えられています。

管理人
帆には、一部、角質のサヤで覆われた部分もあったようです。

帆は体温調整や仲間を見分けるための役割をしていたようです。

脚が胴の真横に付いていて短足なので、ホントに獲物を追えたの?、と思いますが、
コレでも当時の動物の中では脚が長くて活発に動けた方。







-単弓類
-,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.