古生代の生物

ディメトロドン、ペルム紀の肉食性の単弓類は短足でデカイ顔

更新日:



ディメトロドン

ディメトロドンは古生代 ペルム紀前期に繁栄していた単弓類です。

大きくて長い顔、体の横に張り出した四肢、長い尾など、爬虫類に似た特徴をたくさん持っていますが、役割の違う2種類の歯を持っているところは哺乳類に似ています。

ディメトロドンという学名の意味も「2つの手段の歯」という意味です。


ディメトロドン
学名:Dimetrodon limbatus(ディメトロドン・リンバタス)
分類:単弓綱 盤竜目 スフェナコドン科
時代:古生代 ペルム紀前期
体長:1.7m~3.3m
発掘地:北アメリカ テキサス
学名の意味:2つの手段の歯

初期の盤竜類

ディメトロドンは古生代 ペルム紀前期(約2億9829万年前)に繁栄していた単弓類です。

体長は、1.7m~3.3mと、かなりのバラつきがあります。

ディメトロドンの体長にバラつきがあるのは、雌雄の差や大人や幼体の成熟の差ではなく、成長差のようで、
常に獲物をゲットできる安定した環境ではなかったからかもしれません。

管理人
地域によって食性が違っていたとか(肉じゃなくて魚とか)、狩りがドヘタクソだった、とか・・。

ディメトロドンの含まれる盤竜目(ばんりゅうもく)は単弓類の中では初期に現れた原始的な種類で、ディメトロドンは盤竜目のうちの肉食性グループ「スフェナコドン科」の仲間です。

ディメトロドンの頭骨。

いかにも肉食動物らしい大きな頭、頑丈なアゴ、口先には犬歯があります。

ディメトロドンの後肢。

脚が胴の真横に付いていて短足なので、ホントに獲物を追えたの?、と思いますが、
コレでも当時の動物の中では脚が長くて活発に動けた方。

背中の帆は背骨の一部が長く伸びた棘突起(きょくとっき)で、帆には血管の通った皮膚が張られていた、と考えられています。

管理人
帆には一部角質のサヤで覆われた部分もあったようです。

帆は体温調整や仲間を見分けるための役割をしていたのでしょう。

獲物や他の捕食者よりも早く体温を上げることで、一足先に活動できるようになって優位に立てた、と言うことらしいのですが、
スフェナコドン科で背中に帆を持つのはディメトロドンだけで、スフェナコドン科はペルム紀末の大量絶滅よりも前に絶滅しています。

帆が大流行しなかったのは体温調節がいらないくらいの環境の変化があったから、かもしれません。

ディメトロドン dimetrodonサイズ:33cm

価格:2,052円
(2018/10/18 20:05時点)

哺乳類につながる系統の始まり

見た目が恐竜とワニを足したような、ザ・爬虫類!な動物ですが、ディメトロドンの含まれるスフェナコドン科の仲間から、獣弓類(じゅうきゅうるい、単弓網 獣弓目)が枝分かれして、哺乳類に繋がっています。

管理人
哺乳類の祖先グループとされるキノドン類(単弓網 獣弓目 キノドン亜目)は獣弓類の中の1グループです。

ディメトロドンの学名の意味は「2つの手段の歯」という意味で、役割の違う2種類の歯を持っているところは哺乳類に似ています。

大きなアゴで獲物に食いついて牙を突き刺し、食いちぎっていたのでしょう。







-古生代の生物
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.