恐竜類

サウロロフス、後頭部に刺さったようなトサカを持つハドロサウルス類

更新日:




サウロロフス

サウロロフスは、白亜紀後期のアジアやカナダにすんでいたハドロサウルス類(カモノハシ竜)です。

後頭部に棒が突き刺さったようなトサカを持つのが特徴です。


サウロロフス
学名:Saurolophus sp.(サウロロフスの一種)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 ハドロサウルス科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:10.6m
発掘地:モンゴル
学名の意味:トサカのトカゲ

後頭部に棒状のトサカ

サウロロフスは、白亜紀後期のアジアとアメリカにすんでいた大型のハドロサウルス類です。

体長は大きいもので12mになります。

サウロロフスの特徴は、後頭部にブッスリ刺さったような、棒状のトサカです。

画像はアジア(モンゴル)産のサウロロフスです。

トサカは空洞になっておらず、中まで骨です。

異性へのアピールや、仲間の識別に使われたとすれば、目立つ色やニワトリのトサカみたいなプルプルが付いていたかもしれません。

トサカは鼻の穴にはつながっていないので、鳴き声を響かせるためとして、鼻袋なんかを装備していたかもね。







-恐竜類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.