恐竜類

シノケラトプス、アメリカから出もどりして来た角竜類

更新日:




シノケラトプス

シノケラトプスは白亜紀後期の中国にすんでいた大型の角竜類です。

北アメリカでしか見つかっていなかった角竜類のグループ「ケラトプス科」のうち、唯一アジアで見つかった仲間です。


シノケラトプス(頭骨)
学名:Sinoceratops zhuchengensis(シノケラトプス・ズケンゲンシス)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 周飾頭亜目 角竜下目 ケラトプス科 セントロサウルス亜科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:7m
発掘地:中国 山東省 諸城(ズーチェン)
学名の意味:中国の角のある顔

アメリカから出もどりケラトプス

シノケラトプスは白亜紀後期の中国にすんでいた大型の角竜類で、体長は7m。

フリルの特徴からセントロサウルス亜科に分類されていますが、体が大きいというカスモサウルス亜科の特徴も持っていて、両亜科の中間的な角竜なのではないか、とされています。

鼻の上に長い角を1本持ち、フリルをふちどる短いスパイクが顔側にカールするという特徴を持っています。

北アメリカでしか見つかっていなかった角竜類のグループ「ケラトプス科」の仲間がアジアからも見つかったことから、北アメリカで繁栄していたケラトプス類のうち、なんらかの理由でアジアに戻ってきた一派がいたことがわかりました。







-恐竜類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.