「 白亜紀 」 一覧

恐竜類

スピノサウルス、本当の姿は未だ謎、獣脚類最大の魚食恐竜

2019/04/16    , ,

スピノサウルス スピノサウルスは、現在見つかっている最大の獣脚類です。 体長16m、背中に帆があり顔がワニのように細長いのが特徴です。 映画で一気に有名になったスピノサウルスですが、残念なことに完全な ...

恐竜類

チンタオサウルス、眉間の1本棒じゃなかったご立派なトサカ

2019/04/03    , ,

チンタオサウルス チンタオサウルスは、中生代白亜紀後期の中国にすんでいたハドロサウルス類で、眉間から1本の棒状のトサカが生えている、というキテレツな姿で復元されていました。 2013年に再研究され、ト ...

恐竜類

アルバートサウルス、すこーし細身のティラノサウルス類

2019/03/31    , ,

アルバートサウルス アルバートサウルスは白亜紀後期のカナダと北アメリカにすんでいたティラノサウルス類です。 ティラノサウルス類にしては丈の低い頭骨と長い顔、細めの体が特徴です。 アルバートサウルス 学 ...

恐竜類

アヤンチインゲニア、インゲニアから改名されたアヤンチの旅人

2019/03/21    , ,

アヤンチインゲニア(旧インゲニア) アヤンチインゲニアは白亜紀後期のモンゴルにすんでいたオビラプトル類です。 「インゲニア」という学名でしたが、2013年に「アヤンチインゲニア」に改名されました。 ア ...



恐竜類

アエロステオン、身軽な体長11m体重3.5トン

2019/03/17    , ,

アエロステオン アエロステオンは、白亜紀後期のアルゼンチンにすんでいた肉食恐竜です。 アロサウルスに近い仲間「ネオベナトル科」の仲間です。 アエロステオン 学名:Aerosteon sp.(アエロステ ...

恐竜類

アルバロフォサウルス、石川県白山市の恐竜

2019/03/17    , ,

アルバロフォサウルス アルバロフォサウルスは白亜紀前期の日本にすんでいた原始的な鳥脚類です。 石川県白山市の桑島化石壁から見つかりました。 日本で正式に学名がつけられた恐竜の中では、最古の種類です。 ...

恐竜類

アーケオケラトプス、最初にえり飾りを持った角竜類

2019/03/03    , ,

アーケオケラトプス アーケオケラトプスは白亜紀前期の中国にすんでいた角竜類で、1992年に発見されました。 頭のフリル(えり飾り)がとても短く、爬虫類では珍しく上あごと下あごの歯の形が異なります。 ア ...

恐竜類

フクイサウルス、モグモグできなかったイグアノドンの仲間

2019/03/03    , ,

フクイサウルス フクイサウルスは、福井県勝山市で発見され、2003年に学名がつけられた植物食恐竜です。 日本で初めて全身骨格が復元された恐竜です。 フクイサウルス 学名:Fukuisaurus tet ...

恐竜類

カスモサウルス、フリルに大穴の角竜類

2019/03/02    , ,

カスモサウルス カスモサウルスは白亜紀後期の北アメリカにすんでいた角竜類です。 トリケラトプスと同じく、白亜紀後期に現れた進化型の角竜類のグループに含まれます。 頭骨のフリルに大きな三角形の穴があいて ...



恐竜類

アーケオルニトミムス、恐竜類最速のダチョウ恐竜

2019/02/27    , ,

アーケオルニトミムス アーケオルニトミムスは白亜紀後期の中国にすんでいた角竜類で、1923年に発見されました。 首が長くクチバシがあり、シッポが無ければダチョウにそっくりな「ダチョウ恐竜」の仲間です。 ...

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.