「 白亜紀 」 一覧

鳥脚類

プロバクトロサウルス、ハドロサウルス科の祖先に近い仲間

2019/10/10    , ,

プロバクトロサウルス プロバクトロサウルスは、白亜紀前期の中国にすんでいた植物食恐竜です。 イグアノドン類に似た姿をしていますが、歯のつくりなどはハドロサウルス類に近く、ハドロサウルス類の祖先に近い仲 ...

鳥脚類

ランベオサウルス、中空のトサカを持つハドロサウルス類の代表種

2019/09/28    , ,

ランベオサウルス ランベオサウルスは白亜紀後期のカナダやアメリカにすんでいた大型のハロドサウルス類(カモノハシ竜)です。 ハドロサウルス類のうち、頭に目立つ突起やトサカが発達したグループ「ランベオサウ ...

周飾頭類

ステゴケラス、パキケファロサウルス類は賢くて活動的だった

2019/09/19    , ,

ステゴケラス ステゴケラスは白亜紀後期のアメリカやカナダにすんでいた堅頭竜類(けんとうりゅうるい)です。 堅頭竜類は石頭恐竜(いしあたまきょうりゅう)とも呼ばれ、頭骨が分厚くなっているのが特徴です。 ...

鳥脚類

カムイサウルス、北海道のむかわ竜、新属新種で学名「神の竜」に

2019/09/08    , ,

カムイサウルス(むかわ竜) カムイサウルスは白亜紀後期の日本にすんでいたハロドサウルス類(カモノハシ竜)です。 北海道むかわ町で見つかったことから愛称「むかわ竜」と呼ばれていましたが、新種であることが ...



バンビラプトル

獣脚類

バンビラプトル、脳サイズは鳥類並み、鳥類に最も似た脳を持つ小型恐竜

2019/09/06    , ,

バンビラプトル バンビラプトルは、白亜紀後期の北アメリカにすんでいたドロマエオサウルス類です。 脳の研究から、現生の鳥類に似た脳を持っていたことが分かっています。 バンビラプトル 学名:Bambira ...

竜脚形類

エウヘロプス、北京原人の発見者が見つけた中国で最初に学名のついた竜脚類

2019/09/02    , , ,

エウヘロプス(ユーヘロプス) エウヘロプスは、ジュラ紀前期の中国にすんでいた竜脚類です。 現在では中国からたくさんの有名な竜脚類(オメイサウルス、マメンチサウルス、シュノサウルス、チャオワンロンなど) ...

周飾頭類

トロサウルス、もっとも大きな頭骨を持つ角竜類、トリケラトプスとの違いは?

2019/09/01    , ,

トロサウルス トロサウルスは白亜紀後期の北アメリカにすんでいた角竜類です。 3本の角を持ち、トリケラトプスとよく似た姿をしています。 またトリケラトプスとトロサウルスは同じ時代、同じ地層から見つかりま ...

鎧竜類

エドモントニア、尻尾棍棒を持たない鎧竜類ノドサウルスの仲間

2019/09/01    , ,

エドモントニア エドモントニアは白亜紀後期のアメリカやカナダにすんでいた鎧竜類(よろいりゅうるい)です。 尻尾に棍棒はありませんが、両肩に長いトゲを持ち、背中から尻尾の先まで骨の塊で出来た鎧で覆われて ...

恐竜以外の爬虫類

ティロサウルス、ウエスタンインテリアシーウェイにすんだ大型モササウルス類

2019/09/01    , ,

ティロサウルス ティロサウルスは、白亜紀後期の北アメリカ大陸中央部に広がっていた海、ウエスタンインテリアシーウェイにすんでいた大型のモササウルス類です。 推定体長14m、最大の頭骨は長さ約1.8mあり ...



獣脚類

ネオベナトル、脳とCTスキャンから解明されるアロサウルス上科の活発さ

2019/08/03    , ,

ネオベナトル(ネオベナートル) ネオベナトルは、白亜紀前期のイギリスにすんでいた肉食恐竜です。 アロサウルスに近い仲間(アロサウルス上科)、ネオベナトル科の仲間です。 日本で見つかったフクイラプトルも ...

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.