周飾頭類

トロサウルス、もっとも大きな頭骨を持つ角竜類、トリケラトプスとの違いは?

更新日:



トロサウルス

トロサウルスは白亜紀後期の北アメリカにすんでいた角竜類です。

3本の角を持ち、トリケラトプスとよく似た姿をしています。

またトリケラトプスとトロサウルスは同じ時代、同じ地層から見つかります。


トロサウルス(頭骨)
学名:Torosaurus sp.(トロサウルスの一種)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 周飾頭亜目 角竜下目 ケラトプス科 カスモサウルス亜科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:9m
発掘地:北アメリカ
学名の意味:(襟かざりに)穴の開いたトカゲ

頭骨の長さナンバーワン

トロサウルスは白亜紀末期(マーストリヒチアン:約7210万年前~約6600万年前)の北アメリカにすんでいた角竜類(つのりゅうるい)です。

トリケラトプスと同じグループ「カスモサウルス亜科」に含まれ、三本の角を持つ大型の角竜類です。

最大体長9m、推定体重900kg~3.5t、頭骨の長さは約3m。
もっとも長い頭骨を持つ陸生生物の一つです。

ヒトと比べるとこんな感じ。かなりでかい・・。

管理人
体長30mのシロナガスクジラの頭骨は長さ約6mです。

トロサウルスは老成個体?

トロサウルスはトリケラトプスによく似ています。

トロサウルスとトリケラトプスの違いは、トリケラトプスが穴のない短いフリル(えり飾り)を持つのに対し、トロサウルスは穴の開いた長いフリルを持ちます。

管理人
フリルのフチの三角形の飾りはトリケラトプスの方が目立ちます。

トロサウルスとトリケラトプスは同じ種類で、成長によって穴が開くほどフリルが薄くなった老成個体がトロサウルスなのではないか、という説があります。

管理人
トリケラトプスは成長するとフリルが薄くなりながら頭の後ろへ伸びていきます。

また、トリケラトプスは幼体や亜成体がたくさん見つかっているにもかかわらず、トロサウルスの幼体が見つかっていないこともトロサウルスがトリケラトプスの老成個体ではないかという説の根拠となっています。

トリケラトプス、体長9m最大級の角竜類

トリケラトプス トリケラトプスは白亜紀後期の北アメリカにすんでいた大型の角竜類です。 体長9m、角竜類の中では最大です。 顔面に3本の角を持ち、骨の飾りでふちどられただけのシンプルなフリルを持つのが特 ...

続きを見る

同一種だった場合、どうなる?

もしも、トロサウルスとトリケラトプスが同一種だった場合、どうなるのでしょう?。

学名の命名のルールに従う場合、先に付けられた学名が優先され、後から付けられた学名は無くなってしまうので、トロサウルスという学名が無くなってしまいます。

トリケラトプスとトロサウルスが同一種なのか別種なのか、福井県立恐竜博物館では、脳の造りという方面から研究されています。

トロサウルスの脳函(後頭部から見た脳函)。

脳の収まっていた空間が化石に残っていれば、脳の大きさや重さ、三半規管の大きさなどがわかります。

脳の収まっていた空間の型をとったものは脳エンドキャストと呼ばれ、脳や脳を取巻く血管や神経、三半規管などから嗅覚や視覚や聴覚などの感覚器の発達具合などがわかります。

また、現生のワニや鳥や他の恐竜類の脳と比較することで、違いや似ている部分を研究することができます。(同一種ならとてもよく似た脳の造りになるらしい)

トリケラトプス(大型の角竜類)の場合、体の割りに脳が小さく三半規管があまりご立派では無いことから、本能的な行動を取ることが多く、角を振り回して突進するようなアクティブな行動はできなかった、と考えられています。

脳エンドキャストからトロサウルスの脳の造りが分かれば、トリケラトプスと比べることで同一種か別種かも分かるそうで、福井県立恐竜博物館で研究が進められています。

スポンサーリンク


スポンサーリンク


スポンサーリンク

-周飾頭類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.