ア行

恐竜・獣脚類

アウカサウルス、南半球のヘンテコ恐竜アベリサウルス科の仲間

アウカサウルス アウカサウルスは、白亜紀後期のアルゼンチンにすんでいた肉食恐竜です。 アベリサウルス科という、南半球でしか見つかっていない変顔系の変わった恐竜グループの仲間です。 アウカサウルス 学名 ...

恐竜・鳥脚類

ウーラノサウルス、アフリカにすんでいた帆のあるイグアノドン類

ウーラノサウルス(オウラノサウルス) ウーラノサウルスは、アフリカにすんでいた大型の植物食恐竜です。 口先がカモのクチバシのように平たく、背中に帆を持つのが特徴です。 イグアノドン科のなかでは唯一アフ ...

恐竜・鳥盤類

アギリサウルス、全ての鳥脚類に共通する祖先形?

アギリサウルス アギリサウルスは、ジュラ紀中期の中国にすんでいた小型の植物食恐竜です。 中国の自貢(じこう)恐竜博物館を建てている建築現場で発見されました。 アギリサウルスの含まれる『ファブロサウルス ...

恐竜・鳥脚類

エドモントサウルス、どんなトサカ?、こんなトサカ?

エドモントサウルス エドモントサウルスは、白亜紀末期のアメリカやカナダにすんでいたハドロサウルス類(カモノハシ竜)です。 頭部に隆起がないのでトサカを持っていないと考えられていましたが、 保存状態のよ ...

恐竜・鳥脚類

イグアノドン、親指スパイクがいいね

イグアノドン イグアノドンは、白亜紀前期のヨーロッパにすんでいた植物食恐竜です。 『世界で最初に発見された恐竜』として有名です。 歯の磨り減りに対応した控えの歯(デンタルバッテリー)を持ち、前肢にスパ ...

恐竜以外の爬虫類

アーケロン、史上最大のウミガメは外洋には出なかった

アーケロン アーケロンは、白亜紀後期、当時の北アメリカ中央部に広がる浅い海にすんでいたウミガメです。 現生最大のウミガメは「オサガメ」で体長2m、アーケロンの体長は4m。 オサガメの2倍も大きい史上最 ...

恐竜・獣脚類

アロサウルス、ジュラ紀最強の恐竜、わりと薄い

アロサウルス アロサウルスはジュラ紀後期の北アメリカにすんでいた大型肉食恐竜です。 目の上に三角形のトサカ、カギ爪のついた3本指、いかにも肉食恐竜なスタイルをしています。 いちばん好きな恐竜がアロサウ ...

恐竜・獣脚類

エオドロマエウス、恐竜出現からまもない頃の最古の獣脚類

エオドロマエウス エオドロマエウスは、恐竜の祖先が現れてまもない時代のごく初期の恐竜で、最古の獣脚類のひとつです。 アルゼンチンから見つかっています。 エオドロマエウス 学名:Eodromaeus m ...

恐竜・竜脚形類

エオラプトル、最古の竜脚形類(竜脚形亜目)は二足歩行の小型恐竜だった

エオラプトル エオラプトルは、体長1.5mほどの二足歩行の恐竜です。 恐竜が現れてまもない時代のごく初期の恐竜で、最古の竜脚形類(竜脚形亜目)のひとつです。 ※最近の分類では、竜脚形類と獣脚類の中間く ...

恐竜・竜脚形類

アパトサウルス、旧名ブロントサウルス

アパトサウルス アパトサウルスは、ジュラ紀後期の北アメリカにすんでいた体長20mを超える大型の植物食恐竜です。 アパトサウルスと聞いてもどんな恐竜がピンとこないかも知れませんが、 ブロントサウルス(雷 ...

© 2020 ひとり古生物祭り