恐竜類

アケロウサウルス、角の変わりにデコボコ顔の角竜類

更新日:




アケロウサウルス

アケロウサウルスは白亜紀後期の北アメリカにすんでいた角竜類で、体長6m。

フリルに2本の長いスパイク、目の上と鼻の上にコブ状のデコボコがあるのが特徴です。


アケロウサウルス(頭骨)
学名:Acheluosaurus horneri(アケロウサウルス・ホーネリ)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 周飾頭亜目 角竜下目 ケラトプス科 セントロサウルス亜科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:6m
発掘地:アメリカ モンタナ州
学名の意味:アケローオス(川の神)のトカゲ

角、いらね。

アケロウサウルスは白亜紀後期の北アメリカにすんでいた角竜類です。

体長は6m、フリルに2本のスパイク、目の上と鼻骨にコブ状のデコボコがあるのが特徴です。

鼻骨のデコボコは、鼻の上にあった角が成長と共に前方に倒れ、やがて鼻骨と一体化してコブ状になったという説と、

そもそも角はなくコブ状のデコボコとして広がりながら成長していった、とする説があります。

コブにして広げるくらいですから、顔面に角はジャマだったのか、不要だったんでしょう。

どんな環境にすんでいたんだか・・・。







-恐竜類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.