恐竜類

アヤンチインゲニア、インゲニアから改名されたアヤンチの旅人

投稿日:



アヤンチインゲニア(旧インゲニア)

アヤンチインゲニアは白亜紀後期のモンゴルにすんでいたオビラプトル類です。

「インゲニア」という学名でしたが、2013年に「アヤンチインゲニア」に改名されました。

アジャンキンゲニア、アジャンシンゲニアとも呼ばれます。


アヤンチインゲニア(アジャンキンゲニア)
学名:Ajancingenia yanshini(アヤンチインゲニア・ヤンシニ)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 竜盤目 獣脚亜目 オビラプトロサウルス類 オビラプトル科
時代:中生代 白亜紀後期
体長:1.8m
発掘地:モンゴル ゴビ砂漠
学名の意味:インゲン・ホブル(地名)の旅人

アヤンチインゲニア

アヤンチインゲニアは白亜紀後期の終わり頃、(カンパニアン:約8360万年前~約7210万年前)のモンゴルにすんでいたオビラプトル類です。

体長1.8m、推定体重20kg、寸詰まりの頭骨に歯のないクチバシを持つ羽毛恐竜です。

悩の血管の痕跡まで残っている非常に状態のよい頭骨の化石が見つかっています。

オビラプトル類の中では進化的な仲間で、恥骨が前にカーブする、他の仲間より前肢の第一指(親指)が大きなカギ爪になっているという特徴があります。

名前が2回も変わった恐竜

アヤンチインゲニアは、元々「インゲニア」という学名でしたが、別の生物に同じ学名がつけられていたため、2013年に「アヤンチインゲニア」に改名されました。

学名の「アヤンチインゲニア」は「インゲン・ホブルの旅人」という意味で、由来は、前肢の第一指(親指)が他の指よりも大きく、ヒッチハイクの時に親指を立てて車を止める旅人のようだから。

そもそもオビラプトルの一種とされていましたが、親指に上記の特徴があったために別種「インゲニア」として登録され、さらに「アヤンチインゲニア」に改名されました。

他種との区別の仕方

アヤンチインゲニアの頭骨です。

トサカが無く寸詰まりの頭骨はコンコラプトルに似ていますが、アヤンチインゲニアの方が正方形です。

コンコラプトル、植物食だった?トサカのないオビラプトル類

コンコラプトル コンコラプトルは白亜紀後期のモンゴルにすんでいたオビラプトルの仲間です。 オビラプトル類は顔面がやたらと寸詰まりで、オウムのようなクチバシを持ち、二足歩行する獣脚類です。 獣脚類ですが ...

続きを見る

今の所、トサカのあるアヤンチインゲニアは見つかっていないようですが、
インゲニア(現在のアヤンチインゲニア)の化石が紹介されている少し古い本には、オビラプトルと混同しているのかトサカがあったりなかったりします。

アヤンチインゲニアを似たような他種と区別する場合、トサカのあるなしよりも前肢の親指のカギ爪が大きくて目立つ、という特徴で探したほうが判別できます。

オビラプトル類なのでクチバシはありますが歯は無く、歯の変わりなのか上あごに変な突起があります。
植物食の可能性が高い、とされていますが、食性はわかっていません。

大きな爪の使い道は?

アヤンチインゲニアの学名の由来にもなった前肢の爪に注目。

他の指の爪よりも明らかに大きいのは、第一指(親指)の爪で、カギ爪になっています。

オビラプトル類にしてはわりと骨太なので、大きな爪によって威嚇したり、身を守ったほうが逃げ足よりも有効だったのかもしれません。

長い首を持つ鳥に似ているので、ダチョウやエミューのようにクチバシで突いて攻撃してきそうですが、クチバシが鳥のように前に出ていないので、かわりに爪が大きくなったのかもしれません。

アヤンチインゲニア、描いてみた

アヤンチインゲニアを描いてみました。ユニークな特徴がいっぱいあって、描きやすいです。

全身は、他のオビラプトル類に比べると骨太でガッチリしています。

頭は小さく、寸詰まりの正方形。眼窩(がんか:目の穴)は大きく、鼻の穴は目よりも高い場所にあります。

学名の由来にもなった前肢の第一指が大きなカギ爪になっているのが最大の特徴です。

恥骨が前方へカーブしているので、下腹の形は他の獣脚類とは異なっていたかもしれません。







-恐竜類
-, ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.