鳥盤類

アルバロフォサウルス、桑島化石壁からコンニチハ。石川県白山市の恐竜

更新日:



アルバロフォサウルス

アルバロフォサウルスは白亜紀前期の日本にすんでいた原始的な鳥脚類です。

石川県白山市の桑島化石壁から見つかりました。

日本で正式に学名がつけられた恐竜の中では最古の種類です。


アルバロフォサウルス
学名:Albalophosaurus yamaguchiorum(アルバロフォサウルス・ヤマグチオロウム)
分類:爬虫綱 双弓亜綱 主竜形下綱 恐竜上目 鳥盤目 鳥脚亜目 科未定
時代:中生代 白亜紀前期
体長:1.7m
発掘地:石川県 白山市
学名の意味:白山(はくさん:地名)のトカゲ

桑島化石壁からコンニチハ

アルバロフォサウルスは白亜紀前期の終わり頃(バランギニアン~オーテリビアン:約1億3980万年前~約1億2940万年前)の日本にすんでいた原始的な鳥脚類です。

推定体長1.7m、推定体重2kg~9kg、石川県白山市の桑島化石壁(くわじまかせきかべ)の石の塊の中から見つかりました。

石の塊がコレ。黒く点在しているのがアルバロフォサウルスの化石。

石の大きさは20cmくらいで、化石は同一個体のものらしいです。歯が見える部分が上あご、その下にあるのが下あごです。

学名の由来は見つかった地名から「アルバ=白い、ロフォ=山、サウルス=トカゲ」、種小名の「ヤマグチオロウム(ヤマグチオルム)」は、化石壁の調査に貢献した山口夫妻から。

管理人
桑島化石壁は、現在は国の天然記念物に指定されています。
指定される前までは崖上から化石がボロボロ落ちてくるような場所で、道路で化石拾いが・・んがぐぐ

白山市の桑島化石壁。

手前にある大きな川は手取川(てどりがわ)。富山県、石川県、福井県にまたがる手取層群(てどりそうぐん)の名前はここから。

管理人
石川県から福井県立博物館へ行く際に白山市を通ると、手取層群がむき出しの化石壁を見ながらドライブという贅沢なルートを通ることになります(手取川が広いので対岸は遠いけどね)。

角竜類の一種か?

アルバロフォサウルスは、頭と歯のあるアゴの一部しか見つかっていません。

アルバロフォサウルスの下あごと歯の拡大です。

歯には3本のスジか突起のような部分が見えてイグアノドン(鳥脚類)に似ているような気がする。

この部分的な化石だけで『鳥脚類と角竜類の両方の特徴を持っている』ということが判明し、新種として日本で4番目に登録されました。

分類は不明で、鳥脚類と角竜類が枝分かれする前か直前の恐竜ではないか、とされていますが、2012年には原始的な角竜類の一種ではないか、という説も発表されています。







-鳥盤類
-, , ,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2019 All Rights Reserved.