絶滅哺乳類

ベマラムダ、初期の汎歯目はベタ足で鈍足だった

更新日:




ベマラムダ

ベマラムダは、「中生代 白亜紀」のすぐ次の時代、「新生代」の初期に、中国にすんでいた植物食動物です。

「汎歯目(はんしもく)」という、絶滅した哺乳類グループに分類されます。


ベマラムダ
分類:哺乳網 汎歯目 ベマラムダ科
学名:Bemalamdba sp.(ベマラムダの一種)
体長:1.3m
時代:新生代 古第三紀 暁新世前期
分布:中国
学名の意味:ラムダ型(Λ)の台

汎歯目について

中生代「白亜紀末の大絶滅」のすぐ次の時代「新生代 古第三紀 暁新世(6600万年前~5600万年前)」に現れた哺乳類は、現在では見られない珍妙な動物達でした。

ベマラムダの含まれる「汎歯目(はんしもく)」も、ヘンテコな動物グループの一つです。

「汎歯目」は、古第三紀(こだいさんき)暁新世~始新世(ぎょうしんせい~ししんせい:6600万年前~3390万年前)にかけて、東アジアを中心に繁栄した食虫性~植物食のグループです。

ベマラムダを含め「汎歯目」のほとんどの種類は、暁新世末期(5600万年前)までに絶滅しています。
 
 
ベマラムダ。

肉食動物だか植物食動物だか、パッと見わかりませんが、植物食動物です。

ベマラムダは、「汎歯目」のうちでも初期の種類で、体長は1mちょっとですが、当時としては大型の動物でした。
骨太でガッシリした体のわりに、小さくてほっそりした頭骨を持っています。

柔らかい植物や果実のほか、虫なども食べていたようです。

脳が小さく、蹠行性(せきこうせい:かかとをべったりつける歩き方)であるため、動作は鈍かったようです。
暁新世には大型の肉食性の哺乳類はまだいなかったので、動きが鈍くてもなんの問題もなかったのでしょう。
 
 







-絶滅哺乳類
-,

Copyright© ひとり古生物祭り , 2018 All Rights Reserved.